クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

更新情報

今日の横浜入港はちょっと珍しくて13:00。 朝食をビュッフェでいただいて、のんびり午前中は船内散策。 シャンペンバー デッキ5から見たアトリウム デッキ7から撮影 デッキ6から撮影、近未来的空間 いくつかあるメインダイニングのひとつ インドアプール
『MSCベリッシマ 横浜発着クルーズ А戮硫菫

クルーズ6日目、沖縄から横浜に向かって終日航海日。 日本の客船やフェリーと違って、豪快にかなーーーり沖合を航行します。 これはカジノをオープンするためでしょうか? ビュッフェにあるこの日本食コーナーは素晴らしいです。 朝は、明太子、イカの塩辛、焼き魚、切り
『MSCベリッシマ 横浜発着クルーズ Α戮硫菫

クルーズ5日目、沖縄・那覇に到着しました。 近づくにつれ海の青がとっても美しく、「もしかして世界で一番美しいかも?」と思うほどでした。 みなさん朝食をお召し上がり中なので、プールサイドはとっても静か。 夏の雲が出迎えてくれました。 恒例の”すぐに下船
『MSCベリッシマ 横浜発着クルーズ ァ戮硫菫

クルーズ4日目、台湾の基隆に到着しました。 朝食はルームサービスでいただきました。 コロナ明け、初めての台湾、懐かしい風景、少し前の日本のような風景という意味で懐かしいと思いました。 ほぼ船客全員が観光へお出かけ、4000人が乗船する巨大船、午前中は静か
『MSCベリッシマ 横浜発着クルーズ ぁ戮硫菫

クルーズ3日目、今日も終日航海日。 船内を歩いてみました。 巨大プール、朝は人もまばらです。 ボーリング場がありました。 バスケットコートもありました。 キラキラの階段は人気の撮影スポット。 高級時計のお店、オメガ、ブティックもエンポリオアルマーニや
『MSCベリッシマ 横浜発着クルーズ 』の画像

2日目は終日航海日、ランチはメインダイニングに行ってみました。 ロブスターのパスタサービスがありました。 春巻きとポークソテー、日本人シェフが監修しているので食べやすい味にしてくれています。 船長主催のウェルカムパーティー、会場は満員、今回は約4100名
『MSCベリッシマ 横浜発着クルーズ ◆戮硫菫

7月20日 噂のMSCベリッシマに乗船しました。 6泊7日で台湾・基隆と那覇へ行きます。 まず、大黒ふ頭に行ったことがなかったのでそこからスタート。 自宅から車で15分、1日1000円の駐車場をネットで事前予約。 大型船、数千人が乗船なのでそれなりに分散されているのだと
『MSCベリッシマ 横浜発着クルーズ  戮硫菫

暑中お見舞い申し上げます。 7月は、MSCベリッシマに乗船してきました。 実質、自身、大型船の日本発着は初めての乗船、大黒ふ頭も初めて行きました。 6泊7日でクルーズ代13万円、船上で10万円使いました。(有料レストラン、ドリンクパッケージ、Wi-Fi、チップなど
『1週間だけの大阪支店 初開設』の画像

6月8日〜6月22日  ポナンの新しい船、砕氷船「ル・コマンダンシャルコー」に乗船、グリーンランド北東部を巡ってきました。 その思い出があまりにも鮮やかで美しくて、まだその夢心地から覚めません。 いずれ詳しく乗船レポートを作りますが、取り急ぎのダイジェスト
『過去最高のクルーズでした。』の画像

2022年6月、世界でもっと名の知れた船、クイーンエリザベスに乗船しました。 その模様をレポートします。 7月1日 バンクーバー 下船 1週間のアラスカクルーズを終えて、バンクーバー、カナダプレイス港に戻ってきました。 いくつか印象的なパブリックスペ
『クイーンエリザベス アラスカクルーズ ─戮硫菫

↑このページのトップヘ