クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

更新情報

まいど、東山です。(まいど は、大阪商人のまず最初の挨拶言葉です。) 私の場合、ここ15年ぐらいはどちらかというと小さい船に傾倒してきました。 いったいどの船がいちばんサービスが素晴らしいのか? どの船が一番食事が美味いのか? それを探求してゆくとどんどん小
『クイーンエリザベスという存在』の画像

まいど、東山です。(まいど は、大阪商人のまず最初の挨拶言葉です。) 5月8日から1か月の出張に出ておりました。 5月10日からは、フランス船社ポナンの新しい船、ル・コマンダンシャルコー の北極グリーンランドへの旅に取材乗船、そして5/30からはシードリー
『北極・南極旅行クルーズの乗船報告会のお知らせです。』の画像

 コロナ下に入り、2年以上が経ちました。 そして、with コロナ、特に北米マーケットが主となり世界のクルーズ船は約80%は運航を再開しています。それに伴い、私の仕事にも様々な変化があります。 今、旅行業はどちらかと言えばチャレンジや投資は控える方向にあります。
『こんな時だからこそ、新しいチャレンジ、北極へ』の画像

ワタクシ、本日、初のクルーズ本を出版いたしました。 プロの編集者の方に全面的にサポートしていただきました。 タイトルは、「2度めのクルーズ、大人の旅ガイド 地中海」 なぜ、2度めなのか? それは、私にもわかりません。編集者の方が決めたので。 いや、わかって
『初めてのクルーズ本、出版しました。』の画像

時間が解決してくれることがあります。 例えば、これまでこの2年間、海外のクルーズに行きたくても帰国後の14日間の隔離がネックになり行けないという方もたくさんいらっしゃいました。 ダイヤモンドプリンセスなど日本発着が運航中止に追い込まれる理由の一つもそれなんです
『今どき、海外クルーズの準備とは?』の画像

新年あけましておめでとうございます。 1枚目の美しいビーチは、数年前にシードリームⅡで訪れた南カリブ海のビーチです。 今、日本はとても寒い冬なので温かい場所の写真を選びました。 ちょうど1か月前、昨年12月初旬、約2年ぶりにお客様と船に乗りました。 南極へ
『あけましておめでとうございます。』の画像

先日は、クルーズロードショーへのご参加ありがとうございました。 久しぶりにみなさんと直接お話も出来て私が楽しい時間をいただきました。 私、あと4日で日本を出発、4度目の南極を目指します。 もっといい写真を撮りたい!! ということでカメラを新調しました。
『今、1〜2万トンの船が面白いです。』の画像

今度の日曜日は、11月21日、横浜関内ホールでのロードショー、 オーストラリアのクルーズをお話ししたいと思います。 当社マーキュリートラベルは、日本船、外国船、日本国内のクルーズ、世界のクルーズ、ありとあらゆるクルーズを取り扱っています。 海外のクルーズ
『11月21日 ロードショーで伝えたいこと その3』の画像

11月21日、横浜関内ホールでのロードショー、 ホーランドアメリカラインのお話を一コマ作りました。 私は、小さいころからこの船会社への憧れがあります。 私のホームポート、神戸港、もう少し詳しく言うなら第4突堤、ポートターミナルが幼少の私と外国船の出会う場所
『11月21日 ロードショーで伝えたいこと その2』の画像

これは、昨日の昼ご飯の写真です。 メールも電話もたくさん、予約作成、お客様への送付物作成、支払い、ロードショーの準備等々、すごく忙しい一日、悠長に昼飯を食べてる時間もなさそうで、近くの丸亀製麺できつねうどんとおいなりさんをささっといただきました。 クルー
『11月21日 ロードショーで伝えたいこと その1』の画像

↑このページのトップヘ