クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2007年03月

しばらく出張が続いたため、ブログが空いてしまいました。もうしわけありません。 それでは、ラグジュアリーシップ、その3として、スケジュールや料金など、具体的な内容をご紹介しましょう。 シルバーシー、リージェント、シーボーンといったラグジュアリークラスの船は
『ラグジュアリーシップという世界 その3』の画像

前回に引き続き、ラグジュアリーシップのお話を。 では、現代のラグジュアリーシップとはどんなものなのか? 船自体は、現代の船だから、特別豪華な材質を使っていたりということはない。 では、なぜ1週間で5000ドルもするクルーズが存在するのか? それは、ソフト面に
『ラグジュアリーシップという世界 その2』の画像

5
クルーズ船にも格付けのようなものがあって、マスクラス、プレミアム、ラグジュアリー、人によってはその上にブティックという分類をする人もいる。昔はこのような分類はなかったが、高級船は明らかに存在した。私が印象に残っているのはロイヤルバイキングラインという船会

5
先週、QE2が横浜に入港し、弊社スタッフが見学してきた。現代のクルーズ船とは異なる部分が随所にあって、とても興味深かったとのこと。写真は、プリンセスグリルだが、QE2は、キャビンのグレードによって5つのレストランにわかれる。上から3つ(クイーンズグリル、
『QE2、ただただ、、素晴らしい、、、、』の画像

どこの店とはいいませんが、最近いくつか経験しました。 メンチカツを注文したら、冷凍食品のにおいがすっごいして、途中で食べるのをやめました。先日あるお寿司屋さんにいったら、一カンずつ注文するものは目の前で板前さんが握ってくれるのですが、私がセットを注文した

5
最近、アジアのクルーズが熱いですね。ロイヤルカリビアンやカーニバルなど米系大手が超大型新造船をどんどん建造するものだから、少し前の船をアジアに配船する傾向にあります。弊社が日本での代理店を努めるアジアスター、コスタアレグラ、ヴァーゴなどの他に、6月のはノ
『アジアのクルーズが熱い!!』の画像

5
クイーンメリー2は現在、就航以来初のワールドクルーズを行っている。その船体の大きさゆえに、入港できる港も制限されることもあって、世界一周クルーズとしては異例の80日間という速さである。そのQM2が2/28、香港に入港した。弊社が昨年来、香港のアジアクルー

↑このページのトップヘ