クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2007年08月

5
昨日は、横浜に停泊中のにっぽん丸を訪れる機会がありました。 来年の世界一周クルーズへご参加されるお客様の見学会に同行させていただきました。 お一人様のためのプライベート見学会という、とても贅沢な時間に、お客様もじっくりキャビンから公室まで見学することが出来

先日、スタークルーズが傘下のノルウェージャンクルーズラインの株式を 50%手放したとの報道。 ”えっ”と思った反面、”やっぱり”とも。 今から数年前、ノルウェージャンクルーズラインの買収を巡っては、 カーニバルクルーズラインとスタークルーズが熾烈な争奪戦を繰

3
久々に、横浜で過ごす週末、まったく仕事をしないわけにはいかない土日に なりそうですが、それでものんびり、好きなことだけを考えて過ごそうと 思っています。 自分のクルーズ計画、久しぶりです。 クルーズのキャビン、確保しました。 11/10 バルセロナ出港のボイ

5
日本海事新聞という業界紙があるのだが、先週のクルーズ欄、「豪華客船」というフレーズはそろそろやめませんか?という記事があった。記者の沖田さんの視点はとても的を得ている。 もうずいぶん前から言われてることだが、売る側からすると、このフレーズしか浮かばないの

5
昨日、首都高速を東京から横浜へ走っているとき、ベイブリッジから大桟橋に停泊している飛鳥Ⅱが視界に入ってきた。 「そうか、晩夏の古都&熊野大花火クルーズから戻ってきたのか。○○さん、1年も前から予約を入れて楽しみに待っててくれたっけなぁ。楽しんでいただけた

5
カーニバルクルーズライン。言わずと知れた世界最大のクルーズ会社ですね。 でも、今私の会社では、ウェブでも掲載していないのです。 いろいろと理由はあるのですが、主だった理由は、 ・クルーズコース、期間などがロイヤルカリビアンとかぶってること。  だったらどちら

5
酷暑ですね。お読みいただいている皆さんの所はいかがですか? クルーズ船の出港する港、仕事柄、主要なところはだいたい事情をつかんでいます。 皆さんのお役に立てるよう、雰囲気をつかんでいただけるよう、すこし書いて 見ようと思います。 ガイドブックなどの情報に一切

3
明日からお盆休みという方、多いのでしょうか?故郷への帰省。家族と夏休み。一人旅、逃避行、いろいろとおありでしょう。 事務所の窓から眺める夏の空。すっきりとしたブルー。マンションの白い輪郭が その青空を切り取って、その白とブルーのコントラストが、なんかすがす

5
丸の内界隈で、ランチをとっていたときのこと、隣の席に座った男と女が、おもむろに夏休みの旅行の計画を話し始める。 そして、男がかばんから何やら取り出した。 何気なく視界に入ってきたのだが、なななんと、プリンセスクルーズのチケット。 それまで、「さえない男だな

3
もう、ずいぶん前であるが、アメリカでラブボートというTVドラマが大ヒットした。 舞台は、プリンセスクルーズのパシフィックプリンセス。毎週ロサンゼルスから出港するメキシカンリビエラクルーズを舞台に繰り広げられる。 ストーリーは、幼稚なところもあるのだが、寄港地

↑このページのトップヘ