クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2007年09月

5
毎年10月11月は、ウェブサイト改編の時期。カリブ海のページは冬から来年へ、 アラスカ、ヨーロッパは来年のラインアップを決めなければならない。 クルーズ会社はたくさんあれど、あまり掲載しすぎるとお客様が絞り込めない。 だから、ポイントを絞ってラインアップし

5
2008年のロイヤルカリビアンのパンフレットが当社にも届きました。 面白いなぁと思ったのは、ナビゲーターオブザシーズ(138000トン)が、 地中海で5泊のクルーズ。これだとヨーロッパのクルーズとスイス、オーストリア など内陸部の旅を組み合わせて面白いツア

2
バンコクは以外にも到着したとき、気温27度。比較的過ごしやすい気候です。 昨日は、朝から精力的に仕事をこなし、ミーティング、会合、打ち合わせ等も夕方にはすべて終了。 ということで、今日は一日お休みをいただいて、ホテルで休養とすることにしました。 マリオット
『バンコク出張』の画像

5
18:30成田発のユナイテッドでバンコク出張。 それなのに13:00現在、仕事の山。これじゃ、ぎりぎり間に合う成田エクスプレスに飛び乗るいつものパターンになりそう。 日頃、クルーズのお客様には「大切なクルーズが無駄にならないよう、空港へは必ず2時間前までに

5
もう7年前のこと、初めてのカリブ海クルーズに出かけたときのことです。 もう今はないのですが、NCLにノルウェーという客船がありました。 かつて大西洋横断を目的とする客船として建造され、移動の手段が飛行機にとって変わる頃、華麗にカリブ海クルーズ客船に転身した

5
11月の出発まであと2ヶ月、いや、まだ2ヶ月もある。 楽しい予定はなかなか近づいてくれない。だけど済んでしまうと足早に去ってゆく。 だから、今が一番楽しいのかもしれません。 今現在、11/10のボイジャー、キャビンを確保しているのですが、 来週18日には、利

5
アムステルダムとは、ホーランドアメリカラインの客船ですね。 フラッグシップ、62000トン、10月いよいよ来日です。 ご乗船を検討されるお客様の内覧会の準備も終わりあとはアムステルダムの 来航を待つのみ。 10/4 横浜港大桟橋 10/6 神戸(予想ではポー

5
今回は、3組のお客様とご一緒することになりました。 大変楽しみであります。 今回の船旅、なんといっても寄港地が楽しみ。 ビルフランシュ → ニース・モナコ リボルノ → ピサ・フィレンツェ チビタベッキア → ローマ ナポリ パレルモ バルセロナ モナコ、初めて

5
私にとって、洋上最大の楽しみは「食」であります。 朝、昼、午後、晩、ミッドナイト メインダイニング、ビュッフェ、ルームサービス、スペシャリティレストラン すべてを制覇したいという欲望のかたまりであります。 もっとも大事なのはメインダイニングでのディナーです

5
クルーズの予約にはギャランティという予約の制度があります。 これ、日本の旅行会社ではめんどくさいのか、あまり勧めてないようですが、 弊社では積極的にご案内してます。 その具体例を示します。 とあるクルーズの料金。 カテゴリBA 1200ドル カテゴリBB 1100ド

↑このページのトップヘ