クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

2007年11月

ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 3日目5

07d4554b.jpg3日目の朝、ボイジャーはイタリアのリボルノへ入港しました。肌寒い天気ではあるが、バルコニーから見える水平線の方にはとても明るい日差しが注いでいました。
今日は晴れる感じがしました。
ここリボルノからはピサの斜塔、そしてフィレンツェへの観光が出来ます。
私もフィレンツェは行ったことがないので、ツアーに参加しました。
リボルノからは、片道2時間近いバスの旅。つまり往復で4時間ですから、けっこう
疲れます。
フィレンツェ、うまく表現できる言葉が思いつかないのですが、街に”風格”、”品格”を感じました。たくさんの観光客でにぎわう街ですが、バールで飲むエスプレッソは2ユーロ以下と良心的でお味は最高。供にいただくお菓子も手作りで美味。
ジェラート屋さんはおいしそうなジェラートが並びます。
フィッツィ美術館、この日は休館日でしたが、建物は堂々たるもので、その周りの
町並み、ベッキオ橋とそのほとりに並ぶ色とりどりの古い建物、どれをとっても
じっくり、ゆっくりと、時を重ねてきたことが伝わってきます。
この街の人は幸せですね。
石造りの建物、そっと手をあててみると、ひんやりとした感じが伝わってきます。
ヨーロッパは石の文化圏ですね。海岸線もごつごつとした岩肌が多いです。
賑わいの表通り、ちょっと裏通りに入ると、さっきの喧騒が嘘のような静かさ、
そこにもバールがあって、手作りのお菓子があって。路肩には、シトロエン、ルノーの小型車が所狭しと駐車されています。(なぜか自国フィアットの車が少ない)
今度の旅で、濃いめのエスプレッソに慣れてしまったので、日本に戻って普通のコーヒーに物足りなさを感じています。
イタリアがもっと日本から近かったら、しょっちゅう来れるのに。
でも、遠いからありがたみを感じるのか。
明日からは、ローマ、ナポリ、シチリアとイタリアを南下。夢の地中海クルーズはまだ道半ば。この日を1年待ち望んで、今その洋上に、船上にいる幸せに感謝です。

食べる楽しみ3

ミシュラン本、話題ですね。
すし屋がやけに多い、中華が少ない、料理の鉄人の店が落選、などメディアをにぎわしています。
選定基準など、あいまいだったり、不明瞭だったり。
でも、いいじゃないですか、お遊びと思えば。。。
でも、フランスでは星を維持しようと必死になったり、星が減ったら自殺者が出たり。
日本でミシュランに選ばれた店も、今はいいけど、同じ苦労をするかもしれません。
もう、すでにみなさんはやっているかも知れませんが、自分のミシュランを考えると
ちょっと楽しいかなと思ったのです。
私の中で、最近気に入った店がひとつあります。

横浜、山手 フレンチ むなかた
http://www.munakata67.com/

いただいたのは昼のランチ1600円。
今まで食べたことのない豚のソテー。霜降りの牛かと思うほどのやわらかさ。
前菜のテリーヌも温度、お味、とても繊細でした。
メインディッシュが魚と肉のコースも本来はあるのですが、この日はいい魚が
仕入れられなかったとのこと。
お店の方と話をしていて、私が、
「横浜で一番うまいフレンチは関内のストラスジュールです。」と断言したところ、
そのシェフともお知り合いだそうで、いろいろと質問を受けました。
でもご安心を、私はミシュランの調査員ではありません。
ただの素人ですから。

むなかた、少し電車の駅からは遠いです。
一番近いのは根岸線の山手駅。15分ぐらいは歩くでしょうか。

いいお食事をした後は、いい映画を一本見たぐらいの満足感があります。
むなかたさん、ありがとう。

ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 2日目5

5717df0e.JPG前夜バルセロナを出港したボイジャーオブザシーズは、10:00AMにビルフランシュに入港。ちょうどモナコとニースの中間に位置する静かな入り江、その沖合いに
ボイジャーはアンカーを下ろしました。
巨大船で訪れた最初の地は、以外にも静寂の入り江。地元の小船で順番に下船
してゆきます。
今日は、モナコ&ニース観光を申し込んでいるので、そのバスに乗り込みます。
まずはニース。数キロなのかすぐに到着。市場をひやかし、散歩をしました。
仕事柄、ホテルにも興味があるのですが、ニースで有名なネグレスコ、メリディアン
も車窓から見ることが出来ました。その後は山の上のほうの道を行きエズ村でランチ。
ここには、世界の超高級ホテルのみが加盟するルレエシャトーという団体に所属する
ホテルがありました。超隠れ家的なホテル、フランス人はバカンスの過ごし方も超越
していました。
そしてお次は、待望のモナコ、モンテカルロ。
テレビで見た世界が広がります。街はほんとうにきれいに整理され、独特な雰囲気
があります。有名なカジノがあり、その向かいにも、これまた有名な「オテルドパリ」があります。http://www.lhw.com/property.aspx?&propertyid=104&Ext=Gdeprs
ホテルのラウンジでエスプレッソをいただきました。
私はあまりセレブという言葉は好きではないのですが、おそらく
この街はそういった方のための街なのでしょう。
まぁ、この街のホテルに泊まり、食事とすると大変なことになりそうですが、
クルーズのツアーで観光に来る分にはけっこう楽しめます。

ボイジャーオブザシーズ 西地中海7泊8日クルーズ 1日目4

32b3664f.JPG11/8夜のエールフランスで成田を出発し、11/9の朝バルセロナに
到着しました。
バルセロナは、寒く気温も10度。
専用の手配していたバスで早速港へ向かうと、ボイジャーオブザシーズが
停泊していました。
11時ごろにターミナルに着いたのですが、まだ船客も少なくチェックインも
待たされることなくスムーズに行き、そのまま乗船できました。
キャビンは午後1時まで使用できないのですが、11:45からビュッフェレストランで
のランチがいただけました。
8名のお客様とご一緒したのですが、みなさん、その大きさに驚いておられました。
午後1時、やっとキャビンへ。
私も、少し贅沢をしまして、今回はベランダ付のキャビンとしました。
時差ぼけ、寝不足で少し疲れていた我々を、明るい日差しが差し込むバルコニー
キャビンがやさしく迎えてくれました。(写真はそのイメージ)
バルセロナ出港は午後7時、期待に膨らむ初日も瞬く間に時間が過ぎてゆきます。

<客船情報>
シードリームヨットクラブの客船が停泊していました。まぁ、めずらしい。
私も初めて見ました。 http://www.seadreamyachtclub.com/

本来は、船上から毎日レポートをお届けしたかったのですが、通信事情などの問題
でお届けすることが出来なく、大変申し訳ありませんでした。
1週間遅れではありますが、今日からお届けいたします。

忙しすぎる地中海クルーズ

3f7cb8b1.JPG通信事情が極めて悪く、ようやく本日洋上よりお送りできるようになりました。
すでに7日目、昨日シチリアのパレルモを出港し、やや白波の立つ地中海をバルセロナに向け航行中です。
とにかく毎日寄港地でのツアーなどがあり、かなり疲れるクルーズであります。
とこかに入港するとやはり出かけたくなります。そのため、ボイジャーオブザシーズの中をじっくり楽しむ時間が少なくなります。たぶん半分も把握していないのでは?
帰国次第、詳細レポートはお届けします。
写真は、最初の寄港地、モナコにて。

1DAY to Voyager

昨晩は深夜まで荷物の準備、今日は仕事の合間にユーロとドルを準備。
クルーズで寄港するフィレンツェは、最低気温1度だと言うし、
昨日JALバルセロナの方と話したら、「こちらは気温18度」というし、
何をスーツケースにつめればいいのか、、、、

毎日、お客様のクルーズを手配していますが、そのひとつのクルーズにいざ行くと
なるとけっこう大変。
クルーズって乗ってしまえば、楽なんだけど、準備が結構頭使いますね。
みなさんの気持ちを身をもって実感した次第です。
乗船港のバルセロナ、空港にはスリ置き引きが多発、ニセ警官がパスポートや財布を見せろというらしい。(どんなに危ないねん!!)
時差ぼけ、睡眠不足だって、奴らはおかまいなしですから。
結局、自衛しかありません。
でも、悪いことばかりではありません。
昼ごろには、快適なボイジャーに乗れるのですから。
寝ている間に次の場所へ安全に運んでくれるのですから。

6DAYS to VOYAGER5

いよいよ、ボイジャーオブザシーズまであと6日。毎年私としては1年で最大のイベントである海外のクルーズがようやく近づいてきました。このために1年間がんばってきました。(ほんと、ツラカッタヨ。。)
先ごろ、ロイヤルカリビアンの代理店の方から聞いたのですが、11/10の
ボイジャーオブザシーズ、すでに3000人は軽くオーバーしてほぼ完売状態なのですが、なんと日本人が、”270名”!! うぇーーー、すごい時代になったなぁ。
たしかに、飛行機も底値、気候はまだ厳寒でもないし、みんな私と同じでこの日を狙ったんだなぁと。
あの大型船で船客の10人に1人が日本人となると、船内でもけっこうな遭遇率と思われます。
乗船中は、がんばって毎日ブログを更新したいと思いますので、いつも読んでくださってるみなさんでいっしょに1週間のクルーズに出かけましょう。

<求む、情報>
ボイジャーオブザシーズ、西地中海7泊8日クルーズのフォーマルデーは、
何日目に行なわれるのかご存知でしょうか?

Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ