クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2008年01月

5
時折、アメリカのクルーズ関係者と話すことがありますが、ノルウェージャンクルーズライン(以下NCL)のアメリカで放映されているTVコマーシャルが面白いとのこと。そしたら下記のサイトでそれが見れるのでした。 http://www.ncl.com/nclweb/cruiser/cmsPages.html?pag

5
QV、お客様からの問い合わせが増えてきました。 クイーンビクトリア擁するキュナード、ホーランドアメリカラインは同じカーニバルグループ。就航前のQVのイラストを見て「なんだ、ホーランドのザイデルダムの煙突を赤く塗っただけじゃん。。」など生意気に斜に構えてお
『QV、徐々に人気が出てきました。』の画像

4
12月からアジアに登場したラプソディオブザシーズ。ご乗船されたお客様からちらほらとレポートをいただきました。 食事、エンターテイメントは概ね好評。味もアメリカでロイヤルカリビアンに乗るよりよかったとの声も。その一方、ターミナルが不便な場所だったりすること

5
スタークルーズ、NCLのウェブを更新しました。 スタークルーズ http://www.mercury-travel.com/cruise/cruiseline/starcruises/ NCL http://www.mercury-travel.com/cruise/cruiseline/ncl/ ダイレクト予約システムを駆使して、スタークルーズ、NCLのすべてのクルーズ予約
『スタークルーズ NCL WEB更新』の画像

5
昨日は、東京タワーに程近い、ザプリンスホテルパークタワー東京にてにっぽん丸の商品発表パーティがありました。コース設定にあたっては、総力を挙げ練りに練って作成されている、その情熱を感じました。そして、社風なのでしょうか、にっぽん丸のお料理同様、とても手作り

1
13日、深夜3時をまわりました。2008年シーズンのクルーズ販売の準備等で延々と仕事は続きます。ふと思いついて、アメリカのビールを真似てみました。どこを真似てるかというと泡立てていないこと。アメリカでビールを注文すると、グラスいっぱい擦り切れまで泡いっさいなし
『アメリカのビールを真似てみる』の画像

5
ホーランドアメリカライン(HAL)、2008年は日本人コーディネーター乗船 のクルーズを増やします。 ホテルに定宿という言葉があるように、もし船に”定船”という言葉があるなら、私なら、ホーランドアメリカラインを”定船”にしたいといつも思っています。 もちろ
『HALウェブ完成、NCLウェブ改良中』の画像

5
当社のウェブサイトは、クルーズエリアごとに数ある中から私が厳選したクルーズを掲載しているのですが、どのエリアに対してもっともアクセス数が多かったのかを調べることが出来ます。ここ3週ほどは、カリブ海が最も人気がありました。私には少し意外でした。 カリブ海は
『今、いちばん人気はカリブ海です』の画像

前回、デトロイトまでお話しましたが、デトロイトからNYへの乗継便がなかなか出発せず、7〜8時間は待つことに。おかげでNYに着いたのは深夜1時をまわっていました。日本からの長いフライト、そこに追い討ちをかけるような出来事が。なんと荷物がターンテーブルから出
『前回の続き、、、』の画像

5
去年ではなく一昨年は、9月に休みを取ったのですが、当初はセレブリティクルーズのゼニス、もしくはノルウェージャンクルーズラインのノルウェージャンクラウンで行くニューヨーク発バミューダ7泊8日でほぼ決まりって感じでした。ゼニスもクラウンもその選択がちょっと渋

↑このページのトップヘ