クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2008年06月

5
人はそれぞれの生活があります。現役世代は毎日満員電車に揺られ会社へ。リタイアされた世代は、毎日が日曜日だったり、趣味に勤しんだり。都会に住んでいたり、田舎に住んでいたり。海外に住んでいたり。 年齢は20代から80代。 当社のお客様にもこのようにさまざまな方

5
最初、このクルーズを発見したとき、自分の目を疑いました。最短でも7泊以上のホーランドアメリカライン、そして平均2週間ぐらいのクルーズが多いオーストラリア。なのにこの組み合わせで3泊4日ショートクルーズ。これはオーストラリアマーケットの開拓のためのお試しクル
『HAL 驚きの豪州3泊ショートクルーズ』の画像

5
今や、クルーズは世界中のあらゆる場所で行われているのですが、かつては日本のお客様が行かれるクルーズは、カリブ海、ヨーロッパ、アジアなど主だったエリアに集中していました。しかし最近はお客様もクルーズの知識が豊富で、クルーズリピーターも増えており、今までとは

5
先週の金曜から香港へ行ってきました。 九龍サイドのど真ん中に、私の友人、JOEさんが経営している「太極足療」というお店があります。本格的な香港スタイルのエステ、マッサージなどがリーズナブルにうけられる癒しの場。実は日本での予約や問い合わせ、旅行ガイドブックへ
『香港も梅雨でした』の画像

5
6月に入り、日本は梅雨に差し掛かりましたが、ヨーロッパ、アラスカとクルーズには1年中でいちばんすばらしい季節になってきました。当社では相変わらずスタークルーズ、NCLが人気が高く、カジュアル志向を望む方がたくさんいらっしゃることがうかがえます。先々週、モ
『お客様からのクルーズレポート』の画像

5
新しい雑誌「クルーズ」が届き、現在熟読中であります。今回は、すこしクルーズ上級者向きの記事が多いように感じました。その中でもウィンドスターの記事にはとてもひきつけられました。環境問題、エネルギー問題が叫ばれる中、ウィンドスターは帆船なのですが、本当に帆の

↑このページのトップヘ