クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2008年10月

5
DATES WITH ROYALTY 5:30AM起床。1日が25時間なのでいつものサイクルで寝て起きると自然と1時間早く起きることになるのです。まずは日課の仕事メールチェックのため、コンピューターセンターへ。6時になるとその後も毎日通うことになった「パビリオン」へ行き、
『QE2乗船レポート2 OCT.11』の画像

5
THE LAST WESTBOUND TRANSATLANTIC 最近船に乗るとき、いつも悔いることがあります。それはまだまだ現役で忙しい身であるがゆえ、入念に準備をしたり、船旅への創造を膨らませながら乗船の日を迎える余裕がないこと。今回もロンドンへ向かう飛行機に乗る直前までのバタバタ
『QE2乗船レポート1 OCT.10』の画像

2
QE2から戻り、たまりにたまった仕事をさばくのに1週間、ようやく平常時に戻りました。 先日、カーニバルクルーズの代理店の方とお話しする機会がありました。ちょうど機を同じくして私もカーニバルのことを考えてたわけです。当社のウェブサイト、クルーズのエリアごと

5
10/14、QE2とQM2は大西洋を横断し、カナダのニューファンドランド島沖合いに たどり着き、NYまであと1200キロというところまで来ました。 ここは、ちょうどタイタニックが悲劇にあった場所、慎重に航行願いたい。 速度は、24.6ノット。QM2との距離を常に1マイルに

10/10サウザンプトンを出港し、4日目の朝を迎えました。 ここまでの道のり、数え切れないほどのすばらしい光景に出会いました。 そしてそれは今も進行形であります。 サウザンプトンでは、QE2、QM2、P&Oのベンチュラ、アマデアが停泊。 午後5時、まずベンチュラが先

今度の船旅こそ、余裕を持ってちゃんと荷造りをしようと思っていた。サウザンプトンからの乗船まであと6日、日本出発まであと5日。しかし結局いつものように何もできていない。今一番困るのは春夏の服か、秋冬の服か。ニューヨークはすでにかなり寒くコートも着ている人が
『いざ、QE2へ』の画像

↑このページのトップヘ