クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2009年03月

PHOTO ユーロダム カバナ カバナは、プールエリアの横とこの写真のようにさらに上のデッキに独立して設けられていました。最近クルーズ各社で少しずつ目にするのですが、流行ってきてるのでしょうか?
『ユーロダム 東カリブ海クルーズ 詳報』の画像

PHOTO インターネット&ライブラリの横にあるカフェ。 ここは有料ですが、ショーケースに入っているケーキやフルーツは無料です。スターバックスのような感じですね。
『ユーロダム 東カリブ海クルーズ 詳報』の画像

クルーズ会社は、クルーズを売るだけでなく、乗っていただいたお客さんが、いかに船上でお金を使っていただけるかも考えています。例えばカジノは、大きな収益が見込まれています。その他ショップやスパなど。この写真は、インターネットのスペースとライブラリを兼ね備えた
『ユーロダム 東カリブ海クルーズ 詳報』の画像

PHOTO メインダイニング フォーマルナイトのディナー。 中央部の紳士はタキシードを着用されていますが、総じてみなさんのフォーマル度は低いと感じました。カリブ海クルーズというエリアにも起因しているのでしょう。 また、少し向こうのテーブル、2つ丸ごと空いています
『ユーロダム 東カリブ海クルーズ 詳報4』の画像

2月に乗船したユーロダムについての詳報です。 PHOTO ショッピングアーケード 売り場が囲われてなくて、オープンになっています。こういうスタイルは初めて見ました。写真はアクセサリー・時計ですが、反対側はロゴグッズなどもお土産店になっています。
『ユーロダム 東カリブ海クルーズ 詳報1』の画像

PHOTO アザマラクエスト アザマラとは、ロマンス語で青い海を意味するそうです。 アザマラ、ちょっとサウンドが変、だけどそういう船名、私は好きです。
『アザマラクエスト 6』の画像

PHOTO 海側ベランダ付(1A) やさしい配色、ふかふかのベッド。さぞ快適でしょう。 (なぜかクッションが多い)
『アザマラクエスト 4』の画像

↑このページのトップヘ