クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2010年01月

2012年、タイタニックのあの悲劇から100年になります。 そして、英国のフレッドオールセン社のクルーズ船によって、タイタニックと同じスケジュールで同じコースを辿るメモリアルクルーズが行われ、その販売を手がけることとなりました。 http://www.mercury-travel.
『タイタニックの夢』の画像

一昨年の春、当社のお客様がにっぽん丸で世界一周の船旅に乗船されました。 世界一周ともなると、手配から出発まで約1年がかりで準備を進めてゆきます。 お客様も様々な準備が必要、約3ヶ月間の留守宅のこと、膨大な持ち物のことなど。 そして、横浜から出港したと思いき
『世界一周の夢』の画像

6日目の朝、エジプト・サファーガに入港、ここで下船となります。 写真のような、なんだか荒れ果てた港、ちょっと心配です。 大型船だと、下船前夜はとてもあわただしく、荷物をまとめて廊下に出さなければならないのですが、この船はその必要はなく、下船日にレセプション
『シルバーウインド エジプト周遊&スエズ運河クルーズ』の画像

PHOTO ラムチョップ香草焼 ウェイターが、やけどしそうに熱々の皿を素手で持ってきます。 テーブルに置くや否や、日本語で言うところの「あっつっ!」って感じ。 これじゃ拷問ですよ。 厳しい仕事だ。 それにしても、なんだ、この旨さは! しかもめずらしくボリュームが
『シルバーウインド エジプト周遊&スエズ運河クルーズ』の画像

PHOTO フォアグラのソテー。 こんなものを毎日食べてたら確実に糖尿病になると思います。 あぁ、粗食の国、日本に生まれてよかった。 それにしても旨いなぁ。 毎日食べられるような生活がしたいものだ。
『シルバーウインド エジプト周遊&スエズ運河クルーズ』の画像

↑このページのトップヘ