クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2010年03月

5
今日の横浜、昼間は黄砂が飛び視界の悪い中、濃紺の見慣れない船体、しかしちょっと見たことある船がベイブリッジをくくり大桟橋へ。新生にっぽん丸の横浜初入港です。まず今回の大改装について、とにかく話題を提供してくれたということに関して、商船三井客船にありがとう
『横浜初見参』の画像

5
先日、母校の講演に大阪からわざわざ来てくださった方がいらっしゃいました。 セキセイ株式会社の代表取締役、西川雅夫氏。その西川氏が書かれた本のタイトルが「なんでやねん」。全ての章のタイトルに「なんでやねん」が付いてるのですが、 例えば、下記の章を読んでると、
『なんでやねん』の画像

5
今週に入って、連日商船三井からドキュメントその他が送られてきます。クルーズガイドブック等すべてデザインを一新、ブルーが基調になっています。今日は大きな箱が届き、鮭でも丸ごと一本入っているのか?と思いきや、写真の巨大ポスターであります。いよいよ新生にっぽん
『にっぽん丸 始動』の画像

5
7月4日、ベニスで処女航海を迎える船があります。 ニューアムステルダム。ホーランドアメリカラインの最大船型、ユーロダムに次ぐ姉妹船です。ニューアムステルダムという船はかつても存在しました。その意味は最近知りました。ホーランドアメリカラインは、かつてはオラ
『HAL新造船 ニューアムステルダムの由来』の画像

5
今日は、母校の集まりで講演をしてきました。「誰もが気軽に参加できるクルーズ」ということで、主にカジュアル船に特化して話をしました。世界と日本のクルーズ事情、どんな船があって、いくらぐらいで乗れるのか?などリアルな数字を交えて解説しました。みなさん、意欲的

5
昨日、学生時代の友人と新橋で合流。立ち食いの寿司をつまんでそのあと焼肉へ。 彼は社員6000人の巨大企業で働いている。安定と引き換えなのか、プレッシャーとストレス。同じ関西出身で、東京へ転勤でやってきた。ノー天気に「船屋」をやっている自分も少し自重せねば

↑このページのトップヘ