クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2011年01月

5
東地中海クルーズ、様々なパターンがあります。 ベニスから出港、エーゲ海の島には寄港せず、トルコのイスタンブール、イズミール、ギリシャのアテネ、クロアチアなどの組み合わせや、イタリアのジェノバから出港してギリシャ周遊、ちょっと小ぶりの高級船でアテネからイス
『東地中海クルーズの狙い目』の画像

エリアごとの、狙い目をご紹介したいと思います。 エーゲ海クルーズ、”永遠のベストセラークルーズ”と称しています。 とにかく世界中の人に人気が高い、行くと納得してしまいます。 ●ルイスクルーズが3・4泊のショートを行っていますが、このほど船のチェンジで、なんと
『エーゲ海クルーズの狙い目』の画像

5
海外クルーズは、圧倒的にヨーロッパの人気が高いのですが、昨年、今年とアラスカクルーズの人気が高まりつつあります。 アラスカクルーズにもたくさんの船社が参入していますが、当社では今ホーランドアメリカラインとセレブリティクルーズを掲載しています。 とりわけホー
『アラスカ、密かなブーム?』の画像

5
そもそも私はオタクではない、と思っているのですが、周りの方からは「あなたはじゅうぶんオタクだ。」と言われます。オタク=暗い というイメージがあるのですが、明るいオタクを目指そうかと思っております。 仕事しながら、今日もいらぬことばっかり、考えております。
『船オタクの今日の頭の中』の画像

5
昨晩は、東京でクルーズ関連のメディアの方をお招きして、スモールシップアライアンスの新年会を行いました。 新しい船社を日本マーケットで広めてゆく時、雑誌やテレビ、新聞といったメディアの力がとても大切なのです。それら媒体で紹介していただくことで、一般の方がそ
『SSA メディア新年会』の画像

5
当社マーキュリートラベルは、外国船の取扱いが多く、逆に日本船があまり売れない旅行会社でしたが、近年急速に伸びてきました。感謝の気持ちとともに驚きをも隠しきれません。なぜかというと、もう日本船の販路は確立されていると思っていたからです。12月も飛鳥Ⅱ、にっ
『日本船のクルーズを考える』の画像

5
クルーズを販売する時、クルーズじゃないアプローチで販売することがあります。 たとえば、F1モナコグランプリクルーズ。 グランプリウィークは、モナコのホテルは最短1週間単位の販売でかなり高額。 それならば、ニースから出港してモナコに船を浮かべて、土日はレース観
『ル・ポナン モナコグランプリへ』の画像

5
新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 みなさんは、年末年始をどう過ごされましたか? 私は、実家のある大阪に帰省し、兵庫県の古くからのお客様と食事をしたり、小中学校時代や大学時代の友人と酒を飲んだりと、満喫しておりました。 私
『2011年の始まり』の画像

↑このページのトップヘ