クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2011年08月

ルポナンのディナーは20:00からとやや遅めのスタート、今夜はオープンデッキでいただきます。 私は、日本からのお客様、ブラジル リオデジャネイロ、カナダ モントリオールからのお客様とディナーをご一緒、これだけ国も違うと日常の生活や文化も全然違うので、毎晩話題は尽
『8/17 20:00』の画像

ルポナンは、スペインとの国境まですぐの南フランスの小さな街、コリウールにアンカーを下ろしました。 私、今日は写真も撮らず、連載の原稿も書かず、何もしない事に決めました。 デッキで日光浴してると、大小様々なヨットやクルーザーが近づいてきます。 どうやらこの船
『8/17 11:00』の画像

5
横浜にいるときは、平均睡眠6時間だが、昨晩からどれぐらい寝ただろうか。朝ルームサービスで目が覚め、それでもまた眠ってしまった。 キャビンの丸窓、鉄のふたを上げてみる、海面がきらきら光って、まぶしい光が差し込んでくる。 フランスの海、コートダジュールは海の青
『8/16 14:00』の画像

船客たった64人、ルポナンはニースを出港。まずは東へ、ビルフランシュ、モナコ沖をセイリング、その後は一路西へ、カンヌ沖から花火鑑賞、なんとも贅沢な旅の始まりです。
『8/15 19:00』の画像

昨日のヨットチャーターは、夢だったのか。 そをな感じで目が覚めました。 さぁ、今日は明日からの船旅に備えてフランスへ移動します。 イギリスは、やはりカレーが美味しい。 まず味を外すことがありません。 イギリスを訪れたら、ぜひご賞味ください。 サウザンプトンから
『8/14 12:30』の画像

お客1人にクルー3人、ついにクルーの人数が上回りました。 わたしのきまぐれなリクエストにも真剣にルートを設定してくれます。 思ったより安定性がよく、乗り心地が良いです。 こんな船旅をこれからご提案してまいります。
『8/13 13:40』の画像

今日は、サウザンプトンのマリーナから、高級ヨットをチャーター、イギリスのサウスコーストを贅沢に巡ります。 これが、当社マーキュリーの新しいビジネス、新たなチャレンジがスタートします。 究極の船旅とは? その答えはいくつかあると思うのですが、そのひとつは間違
『8/13 10:00』の画像

レイキャビクから3時間、ロンドン ヒースローに戻ってきました。 何かのゲームの振り出しに戻った気分です。 ここで取材陣の方とはお別れです。 本当にご苦労様でした。 さあ、一人になってしまいました。 ここからバスと列車を乗り継いでサウザンプトンのホテルへ向かいま
『8/12 21:40』の画像

いよいよ今日は下船日、最後の朝食をデッキでいただきました。 スクランブルエッグ、目玉焼、トースト、ジュース、とりたてて珍しいメニューではないのですが、そのひとつひとつが心がこもっていて、美味しいなぁ、と言いたくなるほどなのです。 この後、サガ本社サイドの方
『8/12 7:45』の画像

夕方から、ブルーラグーン、いわゆる温泉へ行ってきました。 広大な敷地に湧き上がるブルーの温泉。体もほぐれ旅の疲れもすっかり取れました。
『8/11 20:30』の画像

↑このページのトップヘ