クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2011年08月

サガルビーは、定刻どおりレイキャビクに到着。ここでオーバーナイトしで、明日下船します。取材陣の方は、あと一週間かけてドーバーまで乗船、まだまだサガルビーの船旅がつづきます。 以外にも気温17度と暖かく、過ごしやすい気候、地元の人たちは、テラスで談笑さて、き
『8/11 13:00』の画像

こんなに北の海にいるのに、 嘘のように穏やかな海。 この光景、どこかで見たような。 でも思い出せない。
『8/10 21:30』の画像

アイルランドのダブリンを出て、終日航海日を経て、北緯62度のデンマーク領の島トースハーンに到着。日中の気温は10度。今日横浜は35度と聞いている。 人口2万人足らずの小さな島、街の美しさ、運転マナーなどから、秩序を感じます。 ここに生まれた人、若者はどこか都会に
『8/9 16:30』の画像

サガルビーは、アイルランドのダブリンに寄港。 気温16度。 写真は、イギリス統治時代の公爵、パワースコート庭園。 果てしなく広い敷地に今はゴルフ場やホテル、庭園が広がる。 時にとして人の欲望の果てしなさに怒りを通り越して呆れてしまう。 今、アイルランドは財政難
『8/7 10:30』の画像

おぉ、サガルビー。 なぜにそんなに美しいのか。 この船を見ていると、船は女性名詞であることに、納得させられる。 この船にさせては、色気がある。 下世話な俺にもこの船を美しいと思える感性が残っていてよかった。 新車、新築の家、新品の電化製品。 何でも新しけりゃい
『8/6 13:00』の画像

サガルビーは、最初の寄港地南イギリスのファルマスに到着。 力強い新緑、夏の雲が印象的。
『8/6 12:00』の画像

ロンドン ガトウィック空港に到着。 やっぱり雨か。 いや、イギリスらしい。 さぁ、港へ向かおう。 グレートシップが待っている。
『8/4 12:09 London』の画像

今日最後の飛行機、アムステルダムからロンドンへ1時間。 しかし、仕事とはいえ、東京やニューヨークからはるばるお越しいただく取材陣の皆さんには、あらためてお礼申し上げます。
『8/4 12:10』の画像

バンコクからアムステルダムまで11時間。孤独な夜間飛行が続きます。 しかし、この間に頭が整理されてゆくのを感じます。 特別なことは何もなくて、酒を飲んだり、本を読んだり、眠ったり。 眠っている時に夢を見るのは脳の整理をしているなだ、と家人から聞いたことがあり
『8/4 5:00』の画像

じゃあ、そろそろ飛行機に乗り込みましょう。 今日は、台北、バンコク、アムステルダム経由でロンドン ガトウィックまで長距離になりますが、がんばって行きましょう。
『8/3 13:55』の画像

↑このページのトップヘ