クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

2013年03月

1 Day to AMADEA

その時は、明日確実にやってくるようです。
アマデア 2013年ワールドクルーズ145日間。
明日3月21日の横浜から日本周遊セクターがスタートします。

3/21 横浜
3/22 横浜 with ASUKA2 , NIPPONMARU
3/23 清水
3/24 大阪
3/25 大阪
3/26 大阪
3/27 別府
3/28 鹿児島
3/29 名瀬
3/30 那覇
3/31 石垣島

3/25大阪からシンガポールは、600名満船。ドイツ人船客の方も、桜満開の
ベストシーズンを満喫されることでしょう。
そして同じく大阪や基隆から乗船される日本からのみなさん、
再び乗船できるようになったこの船を、存分に満喫していただきたいと思っております。

それにしても22日間の船旅、自身まず何をどれだけ用意したらいいのか、全くわかりません。
こうなると開き直りですね。

今回のアマデア日本発クルーズ、販売に際し、船社(フェニックス)、旅行会社の皆さん、
各港湾関係者、そしてご乗船いただく皆様、メディア関係者等々、
たくさんの方にご協力をいただき実現しました。
改めて御礼申し上げます。

4/11のシンガポールまで、よろしければ下記のfacebook にてお付き合い下さい。
http://www.facebook.com/higashiyama.masaaki  (東山 真明)
http://www.facebook.com/phoenix.amadea (アマデア)

では、行ってまいります。

アマデアは現在、横浜の東、約1000キロを航行中。
明日の接岸は、13:00の予定です。
ama_map

10 Days to AMADEA

おはようございます。
2月の中旬からクルーズ関連の大きなイベントが続き、先週木曜日の日本橋三越クルーズフェアでようやく一段落となりました。
あらためて、関係各位ならびにご来場いただいた皆様に御礼申し上げます。
今日はあの日から2年ですね。瓦礫の処理が着実に進んでいる現状をニュースで見て、確実な再生への歩みを実感しました。
あの日以降、外国船がまったく日本に来なくなり、そして徐々に復活し、昨年のレジェンドオブザシーズ横浜発着や当社がらみでは、サガルビーは昨年のワールドクルーズ、当初の予定通り長崎に寄港しました。
そして10日後、アマデアが横浜にやってきます。144泊という長い長いワールドクルーズの途中です。
3月25日大阪から日本のお客様が乗船されますが、当初予約希望された方の半分ぐらいしかお部屋をご用意することが出来ませんでした。大阪から日本各地を巡り、台湾、フィリピン、ブルネイ、シンガポールへのコースはドイツの方にも大変人気で定員600名が完売状態なのです。
今、ドイツは空前のクルーズブームです。街にはたくさんんの旅行会社があります。とりわけアマデア擁するフェニックスライゼンも業績は好調で、特にアマデアはドイツ人に超人気の船なのです。その理由を昨夏乗船したときに聞いてみましたが、皆さんアマデアが日本製であることを知って乗船しています。安定感ある乗り心地、2.8万トンの割には広々とした船内構造など、アマデアを好む理由は様々でした。当たり前ですがアマデアは日本のお客様にはとても快適な船です。全室海側、全室バスタブ付、紛れもない日本船の構造ですね。
5月と11月のクルーズを日本マーケット向けに追加販売を発表させていただきました。
http://www.mercury-travel.com/phoenix/schedule.html
11月4日出港、ポートルイス(モーリシャス)〜モンテカルロ27泊、モーリシャス、セイシェル、オマーンを経てスエズ運河を通過、エジプトやヨルダンを巡りモンテカルロへ向かうすごいコース、なんと発表と同時にご予約もいただいたようでございます。
日本のクルーズ事情はこの10年で様変わりしました。こういう船旅、こんな長いコースが売れる時代になりました。
さて、私はシンガポールまで乗船しますが、過去最長の21泊22日間、大丈夫なのか、と。
さすがに22日間洋食はキツイのでどん兵衛とかもって行こうか、とか、
毎週木曜日発売の週刊新潮、3週読めないと時代に取り残されそうだ、とか、
原稿の締切が洋上だなぁ、とか、
あれやこれやと考えております。
それにしても、いい気候になりましたね。

PHOTO アマデア、昨夏アイスランドにて
502
Profile
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ