いつも当ブログを訪れていただきありがとうございます。
私、悲しいことに9月までまったく船に乗る予定がないのです。
まぁ、今までが幸せすぎました。。。。。
振り返りますと、ロストラル~シードリーム1に連続乗船、
ル・ボレアルでカンヌ映画祭&モナコGP、
サガルビーでノルウェーフィヨルドなど、
あの時が人生の絶頂期で、あとは落ちぶれて枯れてゆくのか。
 今年、老舗船社が節目の年を迎えています。
ホーランドアメリカライン、140周年。商船三井、130周年。
先週、にっぽん丸商船三井創業130周年記念クルーズに取材のために乗船してきました。
食のにっぽん丸、ディナーは南米航路のメニューをイメージ、いつもより品数も多く、大変贅沢なディナーでした。
オードブル、スープに続いて、ロブスターのフランス風、地鶏もも肉のレジェンス風、
牛フィレのメダイヨンステーキ、オランデーズソース。
さらに、ローストビーフ&スモークタンのコールドプレート、
そしてようやくデザートとかなり贅沢。
船内には、昨年のル・ソレアル大阪−香港に視察乗船されていた商船三井客船の柳氏もいらっしゃる。
1泊の中で極力シャッターを押す。自慢の食を可能な限り経験する。
だから、ディナーの後に寿司カウンターにも座り、夜食もいただき、ゴディバのショコリキサーもいただき。
朝食のオムレツがなんと美しいこと。美食のフランス船でもこれは絶対に作れない。
夜11時を過ぎた頃だったか、船首のネプチューンバーへ行くと、CRUISE Traveller誌編集長の茂木氏と遭遇。
おいしいハイボールをごちそうになりました。
茂木氏から教わったのですが、船も街のレストラン、特にファミレスもセントラルキッチンというシステムが主流、
つまり、肉でもパンでもある程度工場で加工、冷凍して搬入すれば、あとは温めるだけ、焼くだけで簡単かつコストダウンにもつながるのですが、にっぽん丸は、パンは船の上で生地からこねて焼き上げる、肉もかたまりで仕入れて船の上でさばく。すごく手間暇をかけているとのこと。そこは食のにっぽん丸としては譲れない、大変でしょうが素晴らしいことだと思います。
日本人の美意識、生真面目さがぎゅっと詰まったにっぽん丸の船旅。
横浜入港前の朝、大浴場に入りながらいろいろと考えてみました。
フランスにポナンがあって、イギリスにサガがあって、日本に商船三井客船があって。
みな外資系が激しく参入する中でも、自国の人にしっかりと愛されて支持されています。
今、にっぽん丸はビジネス絶好調と聞く。
正直、ちょっと高い。だけど代えがたい安心感をもたらしてくれる。自分の国の言葉やしきたり、味覚で船旅を楽しめる。それだってイギリス人にとってのサガやフランス人にとってのポナンと同じ。
2泊以上になるとディナーで和食をいただけるそうです。次は2泊以上乗ってみたい、そう強く思いました。

DSCN8093DSCN8206DSCN8491DSCN8448