クルーズの旅行会社奮闘記

今までにないレジャー、クルーズを専門とする旅行会社代表のクルーズへの情熱、 クルーズの魅力、ちょっとプライベートを伝えるブログ

クルーズの旅行会社奮闘記 イメージ画像

2021年09月

私はあまり飛行機にこだわりがないのですが、カタール航空のビジネスクラスは最近リーズナブルでとても快適です。今もっとも贅沢なエアラインではないでしょうか。 アテネ−ドーハ−成田、途中ドーハからはサッカーの若い人(プロ?、under なんとか?)も搭乗してきました
『帰国から隔離まで』の画像

9月6日、ちょうど3週間前の同じ月曜日、アテネ・ピレウス港に到着しました。 ここはエーゲ海クルーズの重要な拠点港、いつもここに戻ってきて思うことは、エーゲ海の島々があまりにも美しいところばかりで、そこから急に都会の港に戻って、車の音とかすごい聞こえてきて
『2021年9月6日 アテネ島(ギリシャ)』の画像

ミコノス島、今日もテンダーボートで上陸。 セレブリティクルーズ最新の船、エイペックスが接岸。 昔はラグジュアリー船が接岸、大型船が沖合にアンカーが多かったのですが、 最近は逆のパターンが増えてきました。 やはり数千人の乗り降りには接岸の方が便利だからでしょう
『2021年9月5日 ミコノス島(ギリシャ)』の画像

おはようございます。 8:00AM、パトモス島に到着しました。 今日もいい日差しです。 パトモス島は、きわめてトルコに近い位置にあるとても小さな島、 「ヨハネの黙示録」の著者ヨハネがイエス・キリストから啓示を受けた場所として知られています。 私自身は、12年ぶ
『2021年9月4日 パトモス島(ギリシャ)』の画像

おはようございます。シードリームから約2週間、ずっと食べすぎということもあり、朝は簡単に。写真を撮ると喫茶店のモーニングサービスみたいになりました。 8:00AM、ロードス島のオールドタウンに到着しました。 城壁に囲まれた街。 この門から中へ入ります
『2021年9月3日 ロードス島(ギリシャ)』の画像

おはようございます。 今日は、雑誌クルーズトラベラー誌向けに、ポルトガル人船長のアウグスト・ネトさんに操舵室にてインタビューをさせていただきました。ポルトガルの海の男。大変興味深いお話を伺うことができました。その模様はCRUISE TRAVELLER 12月15日発売号をぜひ
『2021年9月2日 サントリーニ(ギリシャ)』の画像

朝、起きますとスケジュール変更の案内が来ていました。 明日以降、ロードス・サントリーニ・ミコノス を サントリーニ・ロードス・ミコノスに変更。 明日のロードスが強風のための措置。 初めて訪れる国、キプロスに到着しました。 テンダーボートで上陸です。 New
『2021年9月1日 パフォス(キプロス)』の画像

おはようございます。 エーゲ海を順調に航行中、どうしてエーゲ海のブルーはこんなに濃い色なんでしょう。 そして、最近の船は本当に振動がしません。 それに昔の船より格段に揺れなくなりました。 とっても乗り心地のいい船。 この船は、船首まで行くことができます。
『2021年8月31日 終日クルージング』の画像

8/28、ドブロブニクからイスタンブール経由、アレクサンドリア行きのターキッシュエアラインズ。 ドブロブニク20:30発が天候の問題で大幅に出発が遅れ、案の定、深夜1:30発のイスタンブールーアレクサンドリア行きに乗り遅れるトラブルに。 次のアレクサンドリア行
『2021年8月29−30日 アレキサンドリア(エジプト)』の画像

シードリームⅡ、下船地のドブロブニク、旧市街沖に到着しました。 またしてもこの船に出会いました。 イクリプス、シードリームⅡよりも大きいプライベートヨット。 ヘリポートにプール、小型潜水艦まで搭載している。 船価は、約2000億円。22万トンの世界最大クルー
『2021年8月27日 ドブロブニク(クロアチア)』の画像

↑このページのトップヘ