TULIP、 といっても花のことではなく、音楽のことで、今年35周年を迎えるバンド。
そして今年解散する。私が中学生ぐらいの頃、FMを聴いていて出会ってから、もう30年近く聴いている。今日がその最後のオリジナルアルバムの発売日で、レコード店で手に取った。事務所のパソコンでかけてみたら、ぐっとあの頃に戻れた。けして今流行の曲でもなく、ダンサブルでもなく、売れ筋路線を狙うわけでもなく、自分たちの作りたい曲を作って表現しているに過ぎない。
ふと、我に返ることがあった。
俺は何のためにこの会社を始めたのか?
金持ちになるために?
そりゃ、なれるにこしたことはない。
でも、ちょっと違う。
そう、純粋に船が好きだったから、それを何らかの形で表現したかったから。
このビジネスも、数字に追われている会社や人が多いこと。本来すごく夢のある世界を生業としているはずなのに、楽しそうな人が少ない。
かく言う私も最近少し数字を意識していたところがある。
今日、TULIP を聴いて今の自分を考えてみた。数字を考えることがやらしいとは思わないが、なんか違う気がする。
もう一度、会社を始めた頃の気持ちを取り戻そう。
単に売れ筋だけをウェブサイトに並べるだけではなく、自分が好きな船、こだわりのクルーズを、ウェブ、ブログ、メルマガで自分の言葉で丁寧に伝えてゆこう。
そうすれば、クルーズに夢を感じてくれる方がきっと増えるのだと信じて。