酷暑ですね。お読みいただいている皆さんの所はいかがですか?
クルーズ船の出港する港、仕事柄、主要なところはだいたい事情をつかんでいます。
皆さんのお役に立てるよう、雰囲気をつかんでいただけるよう、すこし書いて
見ようと思います。
ガイドブックなどの情報に一切とらわれず、私の実感で書きますね。

第1回:バンクーバー

アラスカクルーズの出港地。
日本からの直行便は、エアカナダ、JALぐらいで、あとはユナイテッド、ノースウェストなどすべて経由便となります。
直行便の場合、午前中にバンクーバー到着。深いグリーンを基調とした空港は、
すがすがしく、私はこの空港とても気に入っています。
入国審査を終えて、荷物を引き取ると到着口を出ます。
そこには、クルーズ船出港当日であれば、各クルーズ会社の係員がプラカードを持って
待っています。ここで係りに荷物を預ければ、この時点で大きな荷物から開放され、
荷物がそのままキャビンに届くことがあります。(要確認お願いします!!)
クルーズ会社の送迎バスを予約した場合、バスに荷物を載せ、港へ向かいます。
港まで40〜50分ぐらいです。
港は、カナダプレイスとバレンタインという2箇所が主だったクルーズの港です。
カナダプレイスには、パンパシフィックというホテルがあり、クルーズ前後泊には
最適、いいホテルです。ここはホーランドアメリカ、プリンセスクルーズ、最近は
ロイヤルカリビアン、セレブリティクルーズもよく使います。
空港で荷物から解放された人は、港から徒歩10分ぐらいのショッピング街、
ロブソンストリートなどちょっと歩いてみてください。気持ちいいですよ。
バレンタインは少し待ちの中心から外れています。正直、ちょっと治安がよくない
場所が近いので、ここから出港する方は、そのまま船に乗り込んだほうがよさそう。
【港町寿司情報】
亀井ロイヤル というお店がおすすめです。日本人板前ですから、
勘違いの寿司は出てきません。クルーズ船は洋食連発の1週間ですから、
その前にお醤油の味、お寿司の味、味わっておくのもいいと思います。
(私、必ずここに行きます、はい。)

チェックインは、カウンターはたくさんあるのですが、大型船は船客も多いので
どうしても並ぶことになりますが、船会社によっては、NON US CITIZENS という
カウンターが数個だけあって、要はアメリカ人以外の方ということだから、
(船客は大半がアメリカ人、カナダ人)このカウンターを利用するとスムーズな
時があります。
自分の番が来たら、クルーズチケットとパスポートを提示、写真を撮って
カードキーを受け取って、手続き完了。いざ、ギャングウェイへ!!
夕方出港して湾を出た後、しばらく続く景色、そこからもう癒されます。
静かです。時差ぼけが厳しいと思いますが、ぜひデッキに出てみてください。

地球温暖化、アラスカへの影響、大変気になります。
弊社もチーム−6%に参加しました。
http://www.team-6.jp/
業務中のPC、こまめに電源切ったり、紙の使用量を減らしたり、小さなことですが
10年後のアラスカクルーズのために何かしなければとの思いです。
一昨年のアラスカクルーズでのこと、セレブリティクルーズのマーキュリーで
訪れたハバードグレイシャー、氷の柱の倒れ方、溶け出す水の量、半端じゃありま
せんでした。ものすごいショックを受けました。このままだとあと数年で
アラスカクルーズは出来なくなると思いました。
あの壮大な氷河を楽しめるアラスカクルーズが長く続きますように。。。。