とあるお客様からの問い合わせ、12/23発のクリスマスカリブ海クルーズに行きたいとのこと。
早速オンラインシステムに向かったところ、
ベランダ付のスタンダードキャビンが、
フリーダムオブザシーズ  3200ドル。

えっ、といいたくなるほどの高値。クリスマスクルーズということで、普段よりは高くなるのは承知しているが、この価格は異常だ!

他社はどうなのか?
ホーランドで調べてみた。

同日出港のウェステルダム、ベランダ付キャビンで1500ドル台。
こっちは、その安さに驚き!!

カジュアルクラスのロイヤルカリビアンが、3200ドル
プレミアムクラスのホーランドアメリカが、1500ドル。

これが、タイトルで言わんとすることなのです。
なぜでしょう?
答えは簡単、市場の原理です。
グレードとかそんなの関係なく、ロイヤルカリビアンに乗りたい人がたくさんいる、
だから、ロイヤルカリビアンも強気の価格を出してくる。
あのアミューズメントクルーズがアメリカ人のハートを鷲づかみなのでしょう。
当たり前ですが、けっしてホーランドアメリカが人気がないわけではありません。
同社には、根強いリピーターがアメリカにはたくさんいます。

こういった現象は、ここ数年のアラスカでも見られました。
今年、もっとも料金の高いアラスカクルーズは、セレナーデオブザシーズ、レディアンスオブザシーズでした。 やはり、ロイヤルカリビアン。
従来は、プリンセス、ホーランドが高値安定でした。

熾烈な競争を繰り広げるアメリカのクルーズ会社。
どの会社も他社の価格はとても意識しています。
だから横並び、ということもけっこう多いのですが、

最初の例のように、2倍以上の価格差、今までになかった傾向です。

フリーダム
世界最大
やはり、インパクトがあるのでしょうか?