8759f2cf.jpg4日目、ボイジャーはローマ近郊のチビタベッキア港へ入港しました。
今日はツアーではなく、自分の足で歩く。その第一歩は、チビタベッキアから
ローマまで1時間の列車の旅。日本でトーマスクックを見て時刻を調べ、駅で再確認し、ローマまでの切符を買い求める。
意外(?)にも列車は定刻に出発した。
ローマ中央駅から、地下鉄に乗り換え、、、でも、16年前と何も変わってなかった。やっぱりローマの地下鉄はちょっと危なそう。車内は満員、どこにどんな奴がいるかわからない状況。同行の方にも注意を呼びかけた。
最初に訪れたのがトレビの泉(写真)。16年前は工事中、やっと見れました。思ってたより大きく、道路より少し下に下がっていることを初めて知った。
その周りの建物、お店、しっかり目に焼きつけておこうとしっかりと見てきました。お昼は、恒例の日本食。「はませい」というローマでも名が通った日本食の店。
お寿司のランチ、久しぶりのまっとうな日本食にほっとしました。しかし何気なく頼んだ日本茶が、1人5ユーロには驚きです。
店内は、現地在住の日本人ビジネスマン、日本食を好むイタリア人など、よくはやっていました。実はローマはけっこうスケジュールが押せ押せであまりゆっくりと
できなかったので、またいつかゆっくりと訪れて、またこの店でゆっくりお昼をいただきたいものです。
お店を出て、カフェグレコの前を過ぎ、スペイン階段へ。世界中からの観光客でにぎわっていました。スペイン階段前の広場、その角の一等地は、クリスチャンディオールとイブサンローランのブティックでした。スペイン階段を上ったところには、確かハスラー(★★★★★ホテル)があるのですが、ちょっとロビーなど見てみたかったのですが、スケジュール押せ押せでこちらも断念。
クルーズでの寄港地観光って、複雑な思いがあります。
毎日いろんなところに連れて行ってくれるのはいいのですが、少しずつつまみ食いしているような感じもあって、ちょっともったいない感じ。だってローマだけでも4〜5日いたってぜったいに飽きないのだから。今のところ仕事の絡みもあって私の旅はほぼ100%クルーズなのですが、これからは、ローマ滞在5日間など地上の旅も行ってみたくなりました。