時折、アメリカのクルーズ関係者と話すことがありますが、ノルウェージャンクルーズライン(以下NCL)のアメリカで放映されているTVコマーシャルが面白いとのこと。そしたら下記のサイトでそれが見れるのでした。
http://www.ncl.com/nclweb/cruiser/cmsPages.html?pageId=TV_Spots2008

これらCMの意味理解できます?
つまり他社(=オーソドックスなクルーズ会社)は、食事は時間指定、テーブル指定、フォーマルデーはスーツ&ドレス着用。これらの習慣がいかに窮屈なことか、
ということを強調し、次にNCLならいつでもどこでも食事が出来る、フォーマルも不要、そんな自由なクルーズですよ、というメッセージを送っている。
いちばん面白いのは、セールスマン編で、ディナーテーブルの相席のおじさんが、自分の仕事のことをひとりしゃべりまくって、他方の男の人がどん引き状態というやつ。それを見て、「なんだ、アメリカ人も同じ感情を持っているんだ。」と感じました。

実際のクルーズ、テーブルの相席の人、気になりますよね。合わないともう最悪。
このCM見て、アメリカ人はどう思うのでしょう。「こんなクルーズがあったんだ」と感じる人もいるでしょうね。じゃぁ、日本人にはどうか?というと、当社のお客様も含めてフォーマルディナー、ドレスコード、そういったクルーズ特有の文化をむしろ楽しみにしている方のほうが多いようです。つまり日常の生活の延長ではないところがクルーズの楽しさのひとつであると。それは十分理解できますね。
じゃぁ、NCLは日本人には合わないか?いやそれも合うと思います。何回かクルーズ経験を積んでゆく中で、時にはカジュアルなクルーズをしてみようと思ったときに、NCLという選択肢があるのはうれしいことだと思います。

最近、当社もNCL全船の販売開始とのメッセージを発信し、NCLでも最近の船のスケジュールを掲載しました。
http://www.mercury-travel.com/cruise/cruiseline/ncl/

私自身、今のNCLにとても興味を持ち始めました。スーツを持ってゆかなくていいクルーズ、ちょっと気楽でいいかなぁと。