60f01253.JPG2004年の夏、ホーランドアメリカラインのザイデルダムで東カリブ海に出かけたときのこと。海側ベランダ付のキャビン、入念に調査の上、後ろ向きのキャビンのベランダが異常に広いことを発見し、部屋番号指定で予約。それがこの写真。これ、スイートとかではありません。スタンダードクラスの部屋です。航跡と夕日を日々眺めながらの航海、デッキチェアでだらだらとして、心からの休息になりました。ちなみにベランダに4つも椅子がありますが、2名用キャビンです。スタンダードクラスなのにこの贅沢さ、これがホーランドアメリカラインの魅力なんです。