ce94953e.gifスピード2、今夜9:00から放映。
舞台は、ラグジュアリーシップのシーボーンレジェンド、カリブ海クルーズ。
最高峰のクルーズ船が実写で登場するところが見所です。

シーボーン、10000トン、船客定員208人。
ちょうど今の時期、カリブ海に配船されています。
普通の船、普通の寄港地では飽き足らないお方たちが求めるクルーズを
満たすわけですから、あらゆる面で嗜好を凝らし贅を尽くし寄港地を選びます。
カリブ海にセントマーチンという島があります。この島の北半分はフランス領・首都マリゴ、南半分はオランダ領・首都フィリップスバーグといい、複雑な歴史背景が現代に残した爪跡です。ロイヤルカリビアンやカーニバルなどの大型船は、オランダ領のフィリップスバーグに接岸できるターミナルがあります。おみやげ物やさんもあり受け入れ態勢もやや観光地化されたかんじがあります。しかしシーボーンはフランス領・マリゴの沖合いにアンカー留め。テンダーボートで上陸します。カリブ海の島なのに、街はしっかりと”フランス”しています。キッシュとサラダの軽いランチ、豊富なワイン。シーボーンにお似合いです。

シーボーンに乗るなら、カリブ海が最安値。シーボーンと言えども他社との価格競争にさらされるため。乗る側にとってはおすすめの時期。ただし出港地もひとひねりしています。マイアミやフォートローダーデールからは稀で、東カリブ海のセントトーマスやバルバドスから出港します。

シーボーン
http://www.seabourn.com/