e834e13e.jpgアジアでのクルーズを終えたラプソディオブザシーズが先日横浜へ入港しました。ロイヤルカリビアン初の本格的なアジアクルーズは同社としても概ね成功裏に終わったようで、今年の冬もスケジュールが決まっており、近い将来通年で1隻をアジアにはりつける計画があるそうです。船内見学のときの説明で驚いたのは、中国の船客から、ラプソディオブザシーズのカジノは狭いというクレームが多かったとのこと。私にはとても狭いとは思えないのですが。その後ある方に聞いたら、スタークルーズのヴァーゴなんかは、この3倍ぐらいの大きさがあるそうです。クルーズはカジノ収益大きいので、アジアの中国系の方の熱狂は大きく収益に貢献したことでしょう。このラプソディなど、78000トン前後は私はベストサイズと考えています。このぐらいの大きさがあれば設備は十分充実しています。それでいてあまり混みあうこともないので、各社このサイズの船に好きな船が多いのです。
19:00ラプソディは、今夏のアラスカクルーズのためシアトルへ向け出港しました。