6399d847.JPG10:00AM 横浜入港。
このクルーズに行く前は、ワンナイトだからすぐに時間も経つだろう、と思っていましたが、思っていた以上にいろいろと楽しむ時間もあって、盛りだくさんの1泊2日でした。

世界中には様々なクルーズ客船があります。アメリカ、イタリア、イギリス、それぞれの国の人たちに自国のクルーズ会社があります。そして自国のクルーズ会社で行く船旅が、最も気軽にすぐに参加できるクルーズであることは万国共通です。その意味において、にっぽん丸は日本人が、最も気軽に簡単に乗船できる船です。予約も簡単、荷造りも簡単です。私は横浜在住ですが、週末に出かけてみようとすると、まず思いつくのは、箱根とかで1泊旅館って感じですね。そういう当たり前の選択肢に、船旅が入ってゆけばいいのだと思います。2〜3泊なら、新幹線や飛行機で湯布院、京都、北海道の旅に出かけるか、にっぽん丸に屋久島、阿波踊り、青森ねぶた祭りに連れて行ってもらうか。本格的な船旅を楽しみたいなら、寄港地のない船旅=洋上を楽しむ「オアシスクルーズ」に参加してみたり。
また、洋上最大のお楽しみ「食べること」に関して言えば、外国船における不満はすべて解消します。好きな味、食べ慣れた味を出してくれます。個人的には大浴場はとてもうれしい設備。言ってみれば、余計なことに緊張感を持ったり、意識させられることなく、楽しむことだけに集中していられる。その意味はとても大きいと実感しました。例えばこの船で世界一周に出かけて、それこそ南米とかインドといった国にも果敢に行くわけですが、猛暑の中、寄港地観光からにっぽん丸に戻ってきたら、日本語で「おかえりなさい」と言われたら、すごくほっとすると思うのです。やっぱり船好きには、自国の船旅、船が絶対に必要、なくてはならない存在です。
にっぽん丸のパンフレット(2009/3〜10)を、あらためてめくってみました。先週の金曜日から68日間の南米クルーズに出ていて、次に大桟橋に戻ってくるのは6月9日。そこから約4ヶ月間は、国内の1泊から1週間程度まで、いつでも乗れそうなクルーズが揃っています。その中でも個人的には、下記のコースがおすすめです。

●6/25出港●
東京ワンナイトクルーズ 39000円〜
(東京湾の夜景を見ながらの出港。参加しやすい東京発着)

●6/26出港●
ウィークエンド新宮・館山2泊 78000円〜
(金・土・日の2泊 世界遺産・熊野川下り、千葉・館山ではにっぽん丸所有の農園でメロンの収穫体験)

●7/4出港●
ウィークエンド横浜・神戸ワンナイト 29000円〜
(横浜−神戸、商船三井伝統のライナーコース。ドレスコードはカジュアル。 価格が魅力的)

●8/27,31 9/4,11出港●
飛んでクルーズ北海道4泊(小樽発着) 119000円〜
日本版フライ&クルーズ。昨年も大変好評でした。最北端の礼文、利尻へ向かいます)

*表示は、最安値価格(1室3名利用の1名料金)


●にっぽん丸 2009年スケジュール●
http://www.mercury-travel.com/cruise/nipponmaru/schedule.html