0d56cc31.JPGPHOTO
セブンシーズボイジャー

リージェントセブンシーズクルーズの船ですが、ラグジュアリーシップといいつつも、4万トン、船客700名。 3500トン、船客90名のル・レバンからすれば、かなりの大型船に見えます。
それでもラグジュアリーシップと呼ぶのが正しいのか?
ラグジュアリーシップの定義って何なのだろうか?

大きい船を造るほど、船客1人あたりのコストは下げられるので、船会社の利益率がアップします。(間違いなく)それでいてクルーズ代金は下がらないとすれば、船会社は間違いなく儲かります。

しかし、ラグジュアリーシップに乗るなら、船客の立場としては「選ばれし人」として扱ってもらいたいものです。1/700ではなく、1/90としてもてないしていただきたいと私なら考えます。
だって、せっかく安くはないクルーズ代金を払うのですから。

この写真を写していて考えさせられるものがありました。