b7c763f9.JPG昨晩、横浜大桟橋にてにっぽん丸のお披露目がありました。デッキプランを頭に叩き込んで乗り込み、どこが改装・増築部分かを意識して回りましたが、従来の部分との境目がほとんどわからないのです。つまりこの改装はかなり成功していると感じました。過去、大掛かりな改装後の船を見てきましたが、新しい箇所が際立っている船もありました。そういった船では古い箇所から新しい箇所行くのは楽しいのですが、逆はちょっと寂しくなるものです。
新しいにっぽん丸、いろいろ見所はありますが、まずはバルコニー付キャビン、とりわけ最上級キャビン「グランドスイート 78平米」をご紹介します。この写真はバルコニー部分、間口がスタンダードクラス5部屋分ありますから、バルコニー部分もご覧のとおり巨大であります。1泊あたり1人約20万円は、飛鳥の最上級キャビン25万円よりも安めの設定。この部屋はたった2部屋ですが、おそらく入念なリサーチの上で、勝算あって作られたのでしょう。リビングルーム、ベッドルーム、そしてバスルームに分かれています。