4c0bc696.JPG3月の後半から始まったコスタクラシカ、オーシャニア・ノーティカ、HALアムステルダムと続いた訪船も終了、夢のような毎日でした。たくさんのゲストとのお喋りと出会いも貴重な財産、大変参考になるご意見も多数拝聴しました。
さて、どの船がNO.1?と聞かれれば、、、、、
今回は、オーシャニア・ノーティカになります。海外版のパンフレットを憧れを持ってながめていたのですが、「やっぱり素晴らしかった」の一言に尽きます。3万トン、定員約700名は特段トピックス性のあるスペックでもありませんが、世界にこういう上質な船があるんだ、と実感しました。今や世界最大は22万トン、ひたすら大型化が進行しているように思われますが、まったく目指す方向性が異なる船社もあって、落ち着ける我が家のような船も存在するのです。では、ノーティカに乗るにはどうすればいい? 真剣に考えてみました。カリブ海で2000ドル以下10泊、大西洋横断でローマから乗船し横断前にリスボンあたりで下船で1500ドル台。自身が休みを取れる日数と予算と相談して、乗船を実現させたいものです。
以下、アムステルダムはやっぱり格調高く巧みなパブリックスペースのレイアウトに感服、初コスタはすべてがとても新鮮でパスタも美味しく、しかし後部のプールを取り囲むチーク材の損傷が激しく、早々にもやり直していただきたい。
でも、外観は神戸から出港を見送ったレジェンドオブザシーズ、かなりカッコイイ!そしてデカイ!

PHOTO
オーシャニア・ノーティカのダイニング