1b8624cb.jpg実は、ロッテルダム・アラスカクルーズについては、「ブログを読んだよ。」というメールをかなりいただいております。しかもクルーズファンというより、船ファンの方から。あらためて、レポート「個人主義」で振り返ろうと思っています。
写真はロッテルダムのとある階段、かなりの数、世界の港のプレートが飾られていました。圧倒されるほどの数です。これがワールドクルーズを行うグレートシップの象徴と言わんばかりに。ロッテルダムは、外観が類似した船が8隻近くありますが、この船だけがワールドクルーズ仕様のハイパワーエンジンを搭載するなど、静かにフラッグシップをアピールしているかのように感じます。よく同じ車でも排気量などでいくつかのグレードがあったりしますよね。その最上位モデルみたいなものでしょうか。
先日、ホーランドアメリカライン2011年のスケジュールが送られてきました。ロッテルダムは、北欧・パナマ・南太平洋など、14〜30泊のロングクルーズ、つまり従来のロッテルダムのスケジュールに完全に戻っていました。やはり今年のアラスカクルーズ、”たった7泊”への配船は何かの間違いだったのか、いや私のように長い休みが取れないファンへの贈り物だったのかも知れません。
先代のロッテルダムは、長きに渡り世界の海を渡り、名実共のグレートシップでした。世界中にたくさんのファンがいてたくさんの写真集なども出版されています。今の6代目ロッテルダムは、1997年建造だから、まだたかだか13年。しかし確実にグレートシップへの道を歩んでいる感じがします。