689b29d8.jpgこんにちは。スタッフのOT谷口です。
今日はレジェンド・オブ・ザ・シーズのランチを頂いた感想を交えて本船の食事に関して書いてみます。
本船の今回のランチは、前菜・主菜・デザートで構成されてました。
一般的なコース料理では、オードブル、魚or肉料理、デザートという構成でしょうから本船でも普通なのでしょうね。
選択肢が少ないなとは感じたのですが、前菜の中でもオードブル(今回はシュリンプカクテル)、スープ、サラダの1品しか選べないのかなと思ってたりしたのですが、ボリュームのあるコース料理にしたければ、前菜を3品ともオーダーしても良いようです。
主菜の魚料理もしくは肉料理。
魚料理が「本日の獲物」とメニューに書かれてて、なんじゃそりゃと思い、私は無難に肉料理のニューヨークスタイルのステーキというのにしたのですが、「本日の獲物」隣に座られたGSAのミキ・ツーリストさんの方がオーダーされてまして、同じテーブルの方でちょっと試食であります。白身魚のフライをあんかけ風にして、細長い米と野菜が添えられてました。これ1品でお腹いっぱいになりそうと思いましたが、白身魚、結構美味しかったとのことで。
また、主菜に「焼きそば」ってのもありました。普段良く食べるソース焼きそばではなくて、あんかけ風のちゃんぽんみたいなもの。
同じテーブルで食事をさせていただいた、Yトラベルさんの方が焼きそばをオーダーされてたのですが、ワイン好きで食通の方なのだけど、「美味しいわあ。食べてみる?」と仰っておられたので、美味しかったようです。
なんだか、夢のないメニューかもとか思ったりもしたのですけど、客船の食事、大多数の船客の嗜好に合わせることが多いでしょうから、中国や韓国のお客様も多い本船、当然のメニュー構成なのかもしれませんね。
客船に乗ったら、最近は特別レストランでいろんな食事が食べられる船も多くなってきましたが、以前はメインダイニングではフランス料理のフルコースだなとか、地中海風料理とかが出てたりすることが多い気がするのですが、アジアに配船された本船、コース料理にアジア風料理が入るのもいいのかもと思う今日この頃であります。