15b5aaf2.jpgこの夏は、連日横浜でこのブログのタイトルのとおり、正に奮闘、そして色んな出来事が起きています、というか、私自身が出来事を起こしていることもあります。
その一つが「スモールシップアライアンス」という団体の創設。
http://www.smallship.jp/
当社が販売を手がけるフランス船社カンパニー・デュ・ポナンもそのひとつ。一例で言うなら、10000トン、定員264名といった世界。数千人の大型船とはかけ離れた世界。私はこれが究極の船旅、本来の船旅だと最近考えています。スモールシップには、リバークルーズ、帆船、ヨットスタイルなどのサブジャンルがあって、主にヨーロッパが主たるクルーズエリア。このスモールシップというジャンルの認知度向上のため、このような団体を作り、秋には東京と大阪でセミナーを開催。すべてが未知の体験、だけどとてもワクワクする仕事なのです。そして、来年の3月、カンパニー・デュ・ポナンの中でも、元ソングオブフラワーとして日本でも活躍した「ル・ディアマン」が上海−東京10泊クルーズを1往復行います。自身の手がける船社の船が日本へ寄港するのも初めての経験。すると、この船が寄港する日本各地の港湾関係の方が来社されるようになり、また新たなネットワークが出来つつあります。
ル・ディアマンは、フランスの美食を売りとしたフランス船、メガシップとは違った暖かみあるサービスで、お客様を魅了しています。ぜひご期待ください。
そして、同社の別の船「ル・ディアマン」の南米アマゾンリバークルーズの模様がBS朝日「世界の船旅」で再度放映されます。8月30日、ぜひご覧になってください。スモールシップの世界が実感していただけると思います。

PHOTO
ル・ディアマン 南極にて