4fa325c3.jpg当社マーキュリートラベルは、外国船の取扱いが多く、逆に日本船があまり売れない旅行会社でしたが、近年急速に伸びてきました。感謝の気持ちとともに驚きをも隠しきれません。なぜかというと、もう日本船の販路は確立されていると思っていたからです。12月も飛鳥Ⅱ、にっぽん丸、ぱしふぃっくびいなすの3隻は人気がとても高く、クリスマスワンナイトやグアム、香港、アモイへのロングクルーズなど、たくさんのお客様が出発されました。
一般感覚から言うと、最低1泊4~5万の船旅は高いのか?
やはり、高いといわざるを得ないでしょう。
でも、身近な港から年中出航していてとても参加しやすい。それにおいしい和食や日本船ならではのなんともいえない安心感。やっぱり魅力を感じます。
せっかくの身近な船旅なのだから、
日本船にも乗りたい、でもちょっと高いなぁ、でもやっぱりたまには乗りたい、でもやっぱりちょっと高いなぁ、と私自身もいつもグルグルこの思考回路なのです。
外国船の価格を知らなければ、こういう思考回路にはならないと思います。
今、7/30発の飛鳥Ⅱ、若大将クルーズに行きたいと思案中であります。

PHOTO
飛鳥Ⅱのテンダーボート、けっこう乗れそうだなぁ。