f08b81da.jpgシルバーシーの余韻に浸っていると、次の仕事が目の前に迫っていました。来週末は、総勢20名でマイアミへ向かいます。22万アリュール。ミキツーリストT氏に一応事前のレクチャーもしていただき、それなりに予習はしたけれど、レストランが23箇所、アイスショーやシカゴ、アクアシアターなどのショーの手配など、おれ一人に出来るわけがないじゃないか!
誰がこんなデカイ船を造ったんだ!
このクルーズは、少したりとも自身は楽しめないだろう。内側キャビン10406号室で仕事に徹する! お客さんのやりたいことを全部かなえる!
しかしそんな私にも少し楽しみがあります。それは自身初の”西”カリブ海に行くこと。ラバディはRCIのプライベートだから別として、ファルマス(ジャマイカ)、コズメルといった最高のリゾートアイランド巡りは非常に嬉しい。
ビッグシップは、どこか東京ドームや武道館のロックミュージシャンのコンサート会場にも似た高揚感があります。船に足を踏み入れると、かなりテンションも上がってきます。 のーんびり・ゆったり・静かな船旅なんて妄想は捨てた方がいい。
5400人の船客と2165人の乗組員といっしょにドンチャン騒ぎに同化すればいい。
こんなデカイ船が毎週土曜日と日曜日出港している、それがビジネスとして成立している現実、そこに触発されることで何か面白いアイデアが浮かばないだろうか、とワクワクしています。