ルポナンは、スペインとの国境まですぐの南フランスの小さな街、コリウールにアンカーを下ろしました。
私、今日は写真も撮らず、連載の原稿も書かず、何もしない事に決めました。
デッキで日光浴してると、大小様々なヨットやクルーザーが近づいてきます。
どうやらこの船が気になるようです。
で、たまに目が合うと一様に
Is this yacht your's ?
と聞いてくるのです。
いちいち面倒くさいので、
Yes
と答えておきます。
すると、凄く驚いたようなオーバーアクションを返してくるのですが、心の中では「このアジアの成金野郎が!」
とでも思ってるのでしょう。
たしかにこの船は客船のようなファンネルを掲げた煙突もなく、たくさんの船客がいるわけでもないので、
個人所有のヨットと思っているのです。事実、ルポナンと同じぐらい、いやそれ以上に大きなプライベートヨットが、サントロペやニースには
ごろごろ停泊しています。
近年のオーナーは、オイルマネーかロシア系が多いようです。