2d92d368.jpgさぁ、明日から3連休、って感じで夕方のニュースを見ながら過ごしていたところ、とんでもないメールが。それはNCLから。
11月5日ニューヨーク出港 ノルウェージャンジュエル バハマ・ナッソー、グレートスターラップケイ(NCLプライベートアイランド)、オーランド周遊7泊8日
キャビン番号10002号室
Passenger MR. HIGASHIYAMA
至急決済されたし!
ちょちょちょちょ、ちょっと待ってくれよ! 何言ってんだよ! 何だこのメールは! まったく身におぼえがないぞ! NCLもトチ狂ったか?
数分後、それは紛れもない事実であることが判明。
5月ごろだったろうか、いつものふとした思いつき、「あの、いつかテレビで見たNCLの前方に向いたバルコニー付きのキャビンに乗ってみたいなぁ。」から調査を開始、あまりの破格にとりあえず予約を入れていたのです。
それから4ヶ月、支払期限は9月21日、それまでに支払いがなければ、バッサリ予約は落とされる。
さっそく家人に相談。あまり相手にされず。。。。
少し冷静になってNCLのオンラインシステムで11/5ジュエルの状況を見てみることに。スイートキャビンはすべて完売。しかもスタンダードバルコニーが5月のスイートキャビンぐらいの価格まで上昇している。これはワインと一緒で、寝かしていて朗報なのかも、とニヤリ。
航空券を調べてみる。 えっ、成田−ニューヨークが45000円!! 沖縄より安いじゃないか。 これでグラっと気持ちが傾き。
このコースは、2004年ぐらいだったろうか、NCLドーンで始まった時からずっと気になっていて、特に冬、雪降るニューヨークから常夏のバハマへ、っていうフレーズが頭に浮かんで、ずっと行ってみたいなぁと思っていたのです。(NCLなら美味しい寿司屋もあるし)
リミットまであと5日、「おれも着いていってやるよ!」と誰かオレの背中を押してくれないだろうか。

PHOTO
NCLジュエル
前方に向かって2フロアにわたってキャビンがあるのをご覧いただけるでしょうか。