103c39b0.jpg最近、テレビでレジェンドオブザシーズが紹介されました。すると翌日たくさんのお問合せをいただきます。また違うテレビ番組でプライドオブアメリカが紹介されました。するとやはり翌日たくさんのお問合せが来ます。この事象が意味すること、わかります?
つまり、このテレビ番組を見て、今、はじめてレジェンドオブザシーズを知った、プライドオブアメリカを知ったということなのです。
我々は、もうずいぶん前から、何度も何度もこれらのクルーズについて情報発信してきた、しかし、その情報は、未だ全然伝わっていないのです。
「何だ、こんな料金で乗れるのか!もっと早く知りたかった!」
何度、この言葉を言われたことか。
外国船のクルーズに出会う一つのきっかけとして、日本発着クルーズが大きな役割を果たしていると思います。
とにかく安く、という方にはレジェンドオブザシーズがあります。
もう少し(お金を)出してもいいから、もう少しいい船に、という方にザーンダムがあります。
往年の筋金入りの客船ファンにはサガルビーがあります。
ちなみに日本船と同じ価格を出したら、どんな外国船に乗れるか?
例えば1泊5万円は今、約600ドル以上に相当しますよね。1泊600ドル出すと、もうシルバーシーですよ。つまりノーチップ、フリードリンク、全室バスタブ付のスイートキャビンに乗れるということですよ。
こんな楽しい選択肢があることなんて、全然知れ渡っていないということなのでしょうか?
今日も来客の某氏に言われました。
「東山さん、こんな価格で船に乗れるなんて、全然知れ渡ってないよ。なぜだと思う? 未だに”豪華客船”って言葉を使うからさ。」
世界一周の船が日本に来たら、新聞は「世界一周スイート2500万円」と書いてしまう。内側キャビン200万からあります、とは書かない。高額な高嶺の花のレジャーにどうも仕立て上げたいらしい。
今さらながらではあるが、今一度、もっと啓蒙活動に励む、情報発信に励む、と心に決めた。

PHOTO
昨年のレジェンド横浜からの出港風景
このとき、大桟橋にいて感じたことは、この見送りのたくさんの人たちが、
全然自分達とは別次元のレジャーと思っていたこと。
「違います。違います。皆さんも乗れます。次は皆さんが乗る番ですよ!」
と、言いたかったですよ。

マーキュリーの日本発着、一度見てやって下さい。
もうすぐ、またすごい日本発着追加掲載しますから!
http://www.mercury-travel.com/cruise/japan.html