026ffd54.jpg3月にサガクルーズからサガサファイアという船が就航します。
サガサファイアは今どこに?
実は昨年の11月からイタリアのフィンカンティエリ造船所・パレルモ(シチリア)のドックにて約30億をかけた大改装中なのです。
デッキのチーク材、船内のありとあらゆるファブリック、椅子、ベッドなど調度品、海側窓付を海側ベランダ付へ、パブリックスペースの改装、新しいレストランの新設などなど、ここまで徹底的にやれば、ほぼ新品でしょう。
先日、海外からの電話が入ってきました。主はサガのおえらいさんでして、今パレルモで改装工事の進捗を確認しているとのこと。この人えらいんだけどすごく陽気な人で、「おいMasaaki、あそこもこうしたい、ここもこうしたいとか注文つけてたら、400万ぐらい足りないんだよ、すぐ振込んでくれない?」とか。 ちなみに彼の言う400万は400万円ではなく400万UKポンドですから。(約5億2000万円)
また別の日には「Masaaki,サガがせっかく日本で販売がはじまったのだから、WASHITU(和室)作ろうか?」とか。
それじゃぁ、サガサファイアはにっぽん丸のパクリになっちゃうよ。
真面目な話、この船、元がすごいですから。ドイツのハパグロイドが建造したオイローパですから。
さすがドイツ製、エンジンなどは全くもって好調、それでもここイタリアで細部に至るまでチェック。ここまでやるということは、サガはこの船を永く使ってゆくという彼らの意思表示なのです。
新しけりゃいいというもんじゃない。家でも何でも修理して、永く愛着を持って使い続ける、そういうイギリス人の価値観がこのサガサファイアの改装にもすごく表れています。
サガサファイア8月の17日発でドーバーからノルウェーフィヨルド7泊というのがあるんです。
これ、乗りたいんですよねぇ。
「視察だから。」とか会社には理由をつけて、、、、、と画策中。