1af68aa2.jpg昨夜、サガルビー船上と交信しました。
サガルビーは、南米ペルーを出て5日間の終日航海日の真っ只中、暖かく穏かな南太平洋航海中、明日4日イースター島に定刻どおり入港予定とのことです。
キャプテン、スティーブ・アンガーヴのブログもご覧下さい。
http://travel.saga.co.uk/holidays/ocean-cruises/saga-ruby/captains-blog.aspx
今日、ご紹介するのはメインダイニングの風景、写真は朝食時。
写真の男は、マノーロ、フィリピン人クルーで頭脳明晰。4テーブルぐらいの船客の食後のお茶の好みなど、初日でインプットしてしまう。
一昨年、初めてサガルビーに乗り、サウザンプトンから大西洋のマデイラ諸島まで乗船したときに彼が担当ウェイターでした。そして昨年8月、ドーバーからアイスランドまで乗ったときも、やっぱり彼が現れて日本人取材陣を担当してくれました。
そんな縁から、長崎で乗船したら、なんだか彼がまた表れるような気がしているのです。
船の朝食、みなさんはどっちへ行きますか?
ビュッフェですか?
メインダイニングですか?
ビュッフェは好きなものを自分で取って(サガは入れてくれます)食べる気楽さがありますね。
でも、メインダイニングに行けば、ちょっと手の込んだメニューが食べられますよね。
サガルビーは、メインでの朝食が楽しいです。
おすすめはビーフステーキ。朝からステーキ、けっこうイケますよ。
そのほかにイギリス船社らしい、ヘリング。ニシンです。
一方、ビュッフェは船尾のプールデッキに繋がってますから、天気がよければ
外で朝食もいただけます。
ビュッフェで感じるのは、イギリス人船客のマナーのよさ。自分が食べれる量を摂り、きれいに食べていらっしゃる。
ぜひ、この船ではゆったりと朝食をお召し上がり下さい。