7de8c63f.jpg スモールシップアライアンスは、今年3年目のシーズンを迎え、新たなメンバーも加わって6月に恒例のセミナーを開催します。
旅行会社の方やメディアの方向けは大阪と東京、そして今年は2年ぶりに一般のお客様向けのセミナーを大阪と東京、そして初めて福岡でも開催することになりました。
詳細は追ってお送り致します。
 スモールシップアライアンス(SSA)を通して活動してきて、自身で確信することがあります。それは我々が取り扱うクルーズ会社にはポリシーがあるということ。
それは、パンフレットやウェブサイト、価格などあらゆる面で色濃く出ています。
例えば価格、あまり大幅なディスカウントというものがありません。それは下げれない理由があるからです。それは何かというとクオリティを下げたくないのです。そしてそれに対して熱狂的な支持層が世界中に存在するのです。
平たく言えば「ちょっと(お金を)出してもいいから、いい気分にさせてほしい。」ということなのでしょう。
ヨーロッパへの出張中、シードリーム・ヨットクラブに乗ってきました。
強烈なカルチャーショックを受けてきました。
サービス面は、「ありったけの」「惜しみない」最高のサービスを提供、
食事面は、高級食材をふんだんに、そして出来立てのアツアツを、
さらには、船客の名前が刺繍されたパジャマが用意されているなどのサプライズも多々、
噂どおり、高級船にもかかわらず40代マンハッタン在住など若い世代も乗船している、
そしてこの船に乗って素晴らしいことは、乗船している船客がみな存分に人生を楽しんでいる人たちで、すごく刺激を受ける。
「そうか、自分の人生を楽しんでいいんだ。」、「遊ぶ時は思いっきり遊んでいいんだ。」と遊ぶ勇気をもらえるのです。
まぁ、私はシードリームの5日間で骨抜きにされました。ちょっとこの船はヤバイですよ。
ただし、ちょっとお値段が高い、でもこの夏にでもまたあの船上にすぐ戻りたい。そう、ちょっとシードリーム中毒になってしまったんだと思います。
 スモールシップって、そういう覚醒作用があります。一言で言うと「忘れられない船旅。」ではないかと。
 夏のセミナー、ご期待下さい。

スモールシップアライアンス
http://www.smallship.jp/SEMINAR2012.html

PHOTO
シードリーム機.灰襯轡島ボニファシオでのディナー