2201c8e7.jpg 一昨日のサガルビーTV放映を経て、たくさんの方から「見たよ。」「DVD撮ったからこれから見るんだ。」なんてお言葉をいただきました。
私も見ましたが、「うみぶどうやシーサーとかいらないから、もっと船を見せてくれ。」と思ったのですが、そこはテレビ局サイドの意向がございまして。
 あのクルーズ中は、慣れない添乗業務でほとんど港からの入出航風景を見ていなかったので、「あぁ、こんな感じだったんだぁ。」と私もテレビを見ていました。
既報のとおり、来年がサガルビーの最後のシーズン、サガルビーってどういう存在なんだろう、と考えた時、やっぱり一言ではなかなか語れない船。QE2なきあと、最後の大物と語ってきたが、そのルビーも引退。ルビーに続くグレートシップを探しても、どうしても1980年代建造になってしまう。25000トンにして喫水8メートルという深さ、(喫水8mは、現代では10万トン相当の船の喫水)あのフォルム、誰かと船の話をするとき、このサガルビーの匂いを知っているか否かはとても大きいと思っています。
サガルビーの前向きな話しを。
 2013年ワールドクルーズは、サウザンプトンから南米〜豪州〜アフリカという極端な南回り。もうすぐ正式に発表できると思うのですが、オークランドからフリーマントル(パース)への区間乗船にOKが出ました。
サガルビー・コレクターズボヤージュ2、もうしばらくお待ち下さい。
 そして私も一人の船好き、実はサガルビー乗船は仕事がらみばかりなので、
自分自身が楽しむために、来夏8/9のドーバー発ノルウェーフィヨルド7泊に予約を入れました。このクルーズのストレートなタイトル「ビューティフルノルウェー」が気に入り、ジャズがテーマクルーズというのも気に入りまして。
 そして、あろうことかキャビンはカテゴリZBの1号室.とてつもなくデカイ2階建てのデュプレクス・スイート。 ちなみにカネはない。まぁ1年かけて考えればいいか、と。とにかく来年でサガルビーは引退、だから、ワタシ後悔したくないんです。 金持ちになるのを待ってたら間に合わない。なれるという保証もない。
そしたら、なぜかこのクルーズの売れ行きが好調。NY在住クルーズライターMさんも乗船される。また楽しいクルーズになりそうです。
http://www.mercury-travel.com/cruise/neurope/sagarubyne01.html

PHOTO
サガルビー カテゴリZB(2階部分のバルコニー) さぁ、カネはどうする。