49e26cce.jpgロストラルでベニスからアテネへ、シードリーム気妊▲謄佑らエーゲ海へ、今思い返しても「あれは夢だったのか?」という船旅はあっという間に終わり、今日から横浜で仕事をしています。一昨日から大阪へシルバーシャドーの見学会で出張しておりました。帰りの飛行機、伊丹空港で一冊の本を購入、久しぶりに松下幸之助氏の著書。私も大阪出身、言葉は大阪弁、とかく東京中心の経済界において同郷でしかも財閥系でもなくたたき上げでがんばってこられた氏の書は時に強い共感を覚えます。
今読み進めている最中ですが、印象的な言葉は「あなたご自身、小便が赤くなったことありますか?」。本当に商売が心配で心配であすにでも自殺しようかというところまで追い込まれたら、小便が赤くなるというのです。つまりそういう経験をして初めて一人前の商売人になるんだと。私も会社を10年率いてきて「これは、キツイなぁ。」という局面は幾度かありました。しかしそれは幸之助氏に言わせれば序の口でした。
最近、自身が販売を手がけているポナンやサガが、テレビや雑誌にも採り上げられるようになり、おかげさまで少しずつ乗船していただくお客様も増えてきておりますが、この本を手にして「あんた、その程度で調子乗ってたらあかんで。やるんなら極めなあかんで。」と諭された思いで少し身が引き締まりました。
松下幸之助氏が存命中であったとしても、私程度では本人に会ってこのような言葉をいただくことはできませんが、本ならそれが可能です。子供の頃は全然本を読みませんでしたが、遅ればせながら本を手に取るようになったことは私にとっての救いであります。
本日より、いつもどおり横浜で仕事しております。
あらためて、よろしくお願いします。

PHOTO
昨年まで3年続けて、ホーランドアメリカラインに1年に1回は乗船していたのですが、今年は乗る機会がなくて残念。あの雰囲気が懐かしくなってきました。