一昨日、みなとみらいにて当社初のセミナーを開催いたしました。
今年で13年目の会社なのですが、主たる販売チャネルがインターネットということもあって、
なかなか直接お客様とお会いする機会がなく、意外にも初めてのセミナー開催でした。
はたしてみなさん来て下さるだろうか? (誰も来なかったりして?) と少々不安でしたが、
お陰様で30名近くの方がお越しくださいました。
ありがとうございました。
1回目のセミナーのテーマにホーランドアメリカラインを選びました。
理由は、自信を持っておすすめできる船会社だからです。
またなぜポナンやシードリームじゃなくて、ホーランドアメリカラインなのか、
それはクルーズ専門の旅行会社として、他社のプロダクトもきちっと説明できなければ、との
考えもありました。
前半は、ホーランドアメリカラインGSA、オーバーシーズトラベルの本郷氏にHALの魅力を
丁寧に語っていただき、私はいつものクセでひとひねりしないと気が済まないものですから、
「セレブリティクルーズ VS ホーランドアメリカライン」としてお話をさせていただきました。
この2社の実力はいつも拮抗しており、永遠のライバル会社と言えるでしょう。
モダンなセレブリティ、クラシックなHAL、それぞれに良さがあります。
続いて、2015年シーズンからおすすめのコースをいくつかご紹介させていただきました。
<アラスカ、ノールダム&フォーレンダムのバンクーバー発着>
http://www.cruisepalette.com/hal/cruise/782/
なぜアラスカはHALでなければならないのか?
そこを強調したお話です。
<マースダム モントリオール〜ボストン 6/13>
http://www.cruisepalette.com/hal/cruise/354/
このコースは何より私自身が一度乗ってみたいと思い、6/13発に乗船を決めました。
またいつものように、少人数のお客様と楽しく過ごせればと思っております。
<ユーロダム 西地中海7泊 4/19限定>
なぜ4/19のユーロダムなのか?
HALのヨーロッパは平均11〜12泊とやや長いのです。
7泊は年間でたったの3本。そのひとつがユーロダム 4/19
最新鋭船、グッドプライス、おすすめする理由があるわけです。

当社はツアーを販売する会社ではありません。
そこで上記3本とも、本日のクルーズ料金をあわせてご案内しました。

HALの船隊の中では、5〜6万トンに注目していただきたいと思っています。
小さい船ほど高級、値段も高くなります。
今や大型化が進み、5〜6万トンと言えば、クリスタルセレニティのように、他社ではラグジュアリー船になってしまいます。もちろんダメな5〜6万トンもあります。そういう意味ではもっともリーズナブルに乗れる5〜6万トンのちゃんとした船と言えるかと思います。
HALの次の新造船は99500トン、中型船を売りにする会社ですが、じわじわと大型化は進んでいます。
船を手放すとすれば、5〜6万トンシリーズからとなるでしょう。
ぜったいに「あのとき、HALの5〜6万トンに乗っておいてよかった。」という日が来ると思います。

セミナーに、先代のロッテルダムでアラスカに行ったというお客様が写真を見せてくださいました。
驚きました。
びっくりしました。
その写真の中に彩られたシーンは、グレートシップそのものでした。
それが、140年の歴史を持つ船社ということなのでしょう。
また、船にすごく詳しい諸氏も何名かこのセミナーに駆けつけてくれました。
私もそうですが、本当に船が好きな人は、絶対にホーランドアメリカラインは好きな船会社だと思います。
そこにひとつのムーブメントが作れると思っています。
ホーランドの船の洋上で船の話を存分にできたら、最高だなぁと。

ともかくたくさんの方のご来場ありがとうございました。
またいつか、2回目が開催できればと思っております。

IMG_7079IMG_7069
IMG_7087
IMG_0318