週末、飛鳥兇傍廚靴屬蠅望菫イ靴泙靴拭
郵船トラベル20周年記念チャータークルーズ「冬を楽しむおもてなしクルーズ。
ワタクシ、かなり飛鳥狭イになりました!!
多々、にっぽん丸と比べてしまいました。
 食・・・・
といえばにっぽん丸と定評がありますが、乗船前某雑誌の編集者の方から「飛鳥兇郎廼畤のグレードアップに取り組んでいます。」と情報を得ておりました。
事実、ディナーはかなりの水準ではなかったかと思います。
また2番目のディナー、スープ3種、メインディッシュ5種、デザート3種からのチョイス、
今さらですが、「日本船もここまで来たか!!」との思い。
 ハード・・・・
にっぽん丸に比べると当然スペーシャス。ただ、にっぽん丸の方が大浴場へ行くのも近くて便利だなぁと思うこともありました。
しかし、飛鳥供■桔トンは立派。アトリウムに面したブティックのあたり、「これは、日本船の雰囲気じゃないよ。クリスタルクルーズだよ。」とうなるほどの高級感。
 バー・・・・
にっぽん丸ならネプチューンバーで決まりですが、飛鳥兇離弌質びはなかなか難しい。
ビスタラウンジは夜ちょっと暗すぎるのでは。パームコートはクリスタル独特なパブリックルームですが、どうも私はあのインテリアの意図がわからない。やっぱりマリナーズクラブが落ち着いてこじんまりでよろしいかと。ただディナーの後、10時ごろですが、お客さんが全然来ない。日本のお客様は非常に夜が早いようで。
 朝食・・・・
鮭の西京焼き、鰰などが出てくる和朝食。ここまでやられちゃぁ外国船勝ち目ないですよ。
ごはん、味噌汁、納豆、わさび漬け、卵、お浸し等々。
 風呂・・・・
これも日本船の最強の売り、気持ちよかったぁ。
サウナもあって、脱衣場にはふかふかのバスタオルが積んであって。
 お夜食・・・・
これが日本船ならではのダメ押しです。
きつねうどん、ちまき、しゅうまい。
お蕎麦、春巻き。
夜食食べながら、またお喋りする訳ですよ。すごく地味な話題でもなんか楽しくなります。
 2泊クルーズ・・・・
これがいけなかった。この船は2泊乗ると完全にヤラれてしまう。とろけてしまう。
月曜の朝下船、その後仕事モードに切り替えるのはかなり大変でした。
名古屋、おもてなし、手筒花火・・・・
ちょっと感動したなぁ。何でもかんでも西洋を追いかけなくていい。
日本には日本の船旅があっていい。
そう感じました。
 キャビン・・・・
Fステートでしたが、もうこれで十分ではないでしょうか。ミニソファの高さがちょうどいい。
日本船はアメニティが凄い。シャンプー、リンス、ボディソープ、石鹸、髭剃り、歯ブラシ、ブラシ等々。
冷蔵庫のドリンクもフリーとは知らなかった。ちゃんと毎日補充してくださる。
そしてここ数年で最も深い眠りだったのではというほどよく眠れました。それはシモンズのせい?
テレビも充実、初日の夜、予定外にクリントイーストウッドのダーティハリー5(日本語吹き替え)を全部
見てしまいました。
 出港時、寒空の下ボートステーションに集合しての避難訓練、冬でも厳格に避難訓練を行うサガルビーで11月にサウザンプトンから出港した時を思い出しました。
 いったい飛鳥兇辰討匹Δいβ減澆覆里?
私の場合、大浴場があって、和朝食があって、言葉の心配などの緊張感が全然なくて、
飛鳥兇箸いμ召硫浩旅行だと思いました。
すごくいろんなことが勉強になりました。
 12名ほど、懇意のお客様とご一緒させていただき、とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。
そして、このクルーズはとてもよくオーガナイズされたクルーズでした。
また、すぐ、飛鳥蕎茲蠅燭い覆 
問題は、ちょっと高いんだよなぁ。
また、がんばって働いて金貯めよう。
IMG_7235
IMG_7242
IMG_7255
IMG_7263
IMG_7266
IMG_7268
IMG_7279
IMG_7287
IMG_7290
IMG_7291
IMG_7292
IMG_7299
IMG_7309
IMG_7320
IMG_7335
IMG_7339
IMG_7344
IMG_7345
IMG_7353
IMG_7356
IMG_7366
IMG_7367