連日の雨・台風もあって、少し暑さも和らぎました。
夜中、エアコンをつけっぱなしで寝るのですが、あまり体によくありませんね。
8月もあっという間に終わってしまいました。

マルコポーロ
50年前の船とは? 乗船してきました。
きっかけは、昨年のヨーロッパへ向かう飛行機の中で見たドキュメンタリー番組にマルコポーロが
登場してきたというもの。
外観は超クラシック、ゆるやかにカーブを描き、乗船してみると船体中央部から両脇に向かって
かなり強く傾斜していました。だから、ビュッフェなどのテーブルもかなり歪んでいる。
船内は、残念ながらほぼ丸ごと改装が施されており、50年を感じるパブリックスペースはありません。
50年とは丸ごとやりかえるほどの年月なのだと感じました。
「飯が不味かったらどうするかなぁ。」との不安があったのですが、全然OK。
じゅうぶんおいしくいただきました。
クルーズ&マリタイムボヤージュという会社。会社自体はイギリスですが、運航はギリシャ。
これは昔からよくある図式、キャプテンはじめ上級クルーはみなギリシャ人でした。
日本にも邦船3社がありますが、イギリスにもイギリスの会社がいくつかあって、
サガはちょっと上質な船旅嗜好、専用車がご自宅までお出迎え。
クルーズ&マリタイムボヤージュは、価格もリーズナブルで大衆的、でもこの価格で
お食事やクルーのサービスなど、このクオリティは大満足、そこに存在意義がありこの会社の支持層が
あるのでしょう。
今回、船が好きな仲間でずっとすごし、存分に毎日船の話をし、それがまたすごく楽しかったのです。
このマイナーな趣味を分かち合える貴重な友、本当に感謝です。

シドニー
3日間の武者修行。年100万にが船に乗り、なお年10%以上伸び続ける有望なマーケット。
私には持ちえない何かアイデアがあると信じ、ポナン・シドニーオフィスのセミナーに参加したり、
ポナンの販売に強いシドニーの旅行会社を訪ねてその巨大マーケットの秘訣を探ってきました。
結論から言って、「こうすればめちゃくちゃ売れる」なんてウルトラCはありませんが、いくつかのいいヒントを
感じ取りました。また、今まで自分がやってきたことの中のいくつかが間違っていなかった、ということが
わかったことも大きな収穫、ただみなさんすごい努力をしている、プレゼンも質が高い。
土曜日、オフの日、街を歩きました。それほど大きくなく、なかなか魅力的な街。
シドニーと言えば、昔からP&Oやシトマーなどが停泊する歴史ある港、大きな橋をバックにとても
カッコイイ港。ここから日本へ向け、船に乗ってみたいなぁ、と思いました。
日本行きではありませんが、2018年3月にロストラルでシドニー〜ケアンズの販売が決まっており、
ここから出港するという夢は実現しそうです。

旅行会社へのセールスコール
数社を訪問させていただきました。今とくにスモール&ラグジュアリーは船客の嗜好がツアーから個人手配
へ大きくシフトしており、その流れの中でどうすれば各社いいビジネスにつなげていただけるか、
担当者の方に現状をお伺いし、そのうえで的を得た提案をし、商品化、販売への準備につなげてゆく。
マーケット拡大への情報発信には旅行会社の力が絶対不可欠。できれば長いお付き合いの中で、
いい結果をもたらし、良い関係を継続してゆく、そこ、ちょっと、最近自信があります。
この動きを続けてゆきたいと考えています。

9月28日、当社のクルーズ&トークは、初めて東京で行うことになりました。
いつもは横浜、東京なら来ていただきやすい方もいらっしゃるかもと。
せっかくのご来場、楽しい時間にしたい、秘策?、ちょっとだけあります。
ぜひ、お気軽に遊びにいらしてください。
http://www.mercury-travel.com/cafe/

P1010075きみたち、仲がいいねぇ。 (湖水地方にて)

P1010088湖水地方のホテルの庭、勝手に侵入、散策
P1010092マルコポーロ、1週間おれの基地。
P1010138ギリシャ人強面船長、腕は確か。
P1010171サンプルがあると助かります。
P1010255いつか、必ず、貴重な写真になる。
P1010270トースハーン、清々しい。
P1010315中央から左右に大きく傾斜、それも思い出。
P1010637カードルームの一角。鐘もあり。
P1010667エジンバラ、なんと魅力的。