金曜日の夜って、なんかうれしいですねぇ。
と同時に、ゴールデンウィーク、いよいよ今年も本格的なクルーズシーズン。
横浜は明日かなり凄い日なんです。
大桟橋にダイヤモンドプリンセス
大黒にMSCスプレンディダ
山下埠頭にNCLジュエル
日本にもいよいよこのクラスの船が配船されるようになりましたね。
NCLジュエル、2011年にニューヨーク発バハマ行きに乗りました。
ブリッジの下にある前方に向かったバルコニー付のキャビン、最高でした。
レストランのバリエーションがすごくて、寿司、しゃぶしゃぶ、イタリアンなど、毎日楽しみました。
フォーマルなし、に当時ちょっと戸惑ったのを憶えています。
 私は、ゴールデンウィークから6月にかけて3隻の船にお客様とご一緒させていただきます。
この日をずっと待っていました。
5/1 セブンシーズエクスプローラー ローマ〜モナコ
 リージェントからのオフィシャル画像を見る限り、ちょっとこの船は凄いんじゃないでしょうか。
 これは乗ってみたい、と思い即決しました。
 乗りたいと思ったら絶対乗る、憧れで終わらせない、かなり楽しみです。
5/28 シードリーム
 今年も、F1モナコグランプリのシーズンがやって来ます。
 シードリームは永遠に特別な存在です。
 最もグランプリとモナコが似合う船だと思います。
6/8 ロストラル
 大阪からマニラへ、南洋へ向かう新リゾートコース。
 昨日、宇野港の見学会に行きましたが、ランチに鉄板焼をやってました。
 あらためて独特な雰囲気を持った船だと思いました。
 早いものでポナンの日本寄港も5年目になりました。
 何度も大阪から乗船してきました。
 いつもエレガントな船、いつも粋な船、
 やっぱりフランス人って不思議な人たち、フランスって不思議な国。

今もなお、客船誘致は全国レベルで熱いのですが、
これまでは、年1回の勉強会などを通して、やるべきことをやればどの港にも可能性はある、
と語ってきました。
しかし、そろそろ実力主義の段階に入りつつあると考えています。
船に来てほしい、そのためには地元の人の船に関する関心を高めてほしい、
じゃぁ、具体的に何をすればいいのか?
地方に行くとクルーズというレジャー自体が知られていない現状。
まず、船旅の魅力を語る場、例えばクルーズセミナー開催など、していただきたい。
これからはそういう具体的な行動に出ていただいた本気のいくつかの港とのお付き合いの中で
全国的にクルーズマーケットの創出を探ってゆきたいと考えています。
この程、香川県のクルーズ客船誘致アドバイザーという仕事をお受けすることとさせていただきました。
ずっとクルーズセミナーを開いて努力を重ね、今、知事が陣頭に立って地元からの乗船客創出を
推進してゆく港、応援したいと思います。

NCLジュエル、NYから出港、前方向きキャビン、おススメです。
NCLJEWEL20111105 066