IMG_9625P1060857

いつから船は動き出すのか、世界の国はいつから観光客を受け入れてくれるのか、
日本国はいつから渡航を自由にさせてくれるのか、
日々その状況はよくなりつつありますが、まだまだ難しい現実もあります。
今年、お客様とご一緒させていただく予定のクルーズは次々とキャンセルに追い込まれ、
それでも気持ちを切り替えて、来年の乗船コースを固めつつあります。
6月に入ってさすがにみなさん自粛疲れか、「どこかへ行きたい!!」というお電話やメールを
たくさんいただくようになりました。
ありがたいことに「東山さんは来年どこへ行くのか?」と聞かれることも増えてきました。
そんなお声にも後押しされ、2021年のお客様とご一緒させていただくコースを
決めました。
もう少し増える可能性がありますが、今現在、下記の6本が決定です。
ぜひ、ご参加ご検討くださいませ。
(下記にも掲載しています。)
http://www.mercury-travel.com/kojin/boarding.html
<2021年東山乗船コース>
1月16日 フリチョフ・ナンセン ウシュアイア発着南極 11泊
4月26日 セブンシーズボイジャー バルセロナ〜アテネ 9泊
7月3日 シードリーム供.▲謄諭船疋屮蹈屮縫 7泊
8月7日 ザ・リッツカールトン・ヨットコレクション バレッタ〜ローマ7泊
9月1日 ノールチャーネン 北極スピッツベルゲン島 5泊
11月15日 スピリット・オブ・アドベンチャー 英国発オランダ・ベルギー・フランス5泊

では、2020年はどうするのか?
私の性分からして我慢することは到底無理です。
前回のブログで「ピンチはチャンス」と申し上げましたが、クルーズ再開直後は各船社とも
集客に苦労することは目に見えています。
そこは、ドーンと価格を下げてくることも容易に予想されます。
例えば、普段とっても高いラグジュアリー船リージェントセブンシーズクルーズ
10月20日発、ロサンゼルス発着メキシカンリビエラ7泊
がなんと破格の2030ドルから。
しかもシングル割増率、通常は絶対200%のところ、150%。
寄港地観光まで含む超オールインクルーシブ、全室バルコニー付きの広々スイート。
これに乗りたい!!、私は大真面目に考えてます。
じゃぁ、アメリカに入国できるのか?、日本帰国後の隔離などは?、飛行機は飛んでるの?
現時点ではいろんな難関があります。それらは時間が解決してくれるでしょう。

基本、安全にみなさんがクルーズに行ける日を切望しております。
しかしリージェント7泊2030ドルのような、歴史的破壊的価格情報もお知らせしたいと
思っております。
これから面白くなりますよ。