あいかわらず日本船の運休が続き、外国船の日本発着も再開されない状況が続いてます。
海外では、特にアメリカでは、ワクチン接種が進み、だからこそアメリカ系船会社は船客のワクチン接種義務化に踏み込むことができ、6月にも運航が再開されます。
あのひどい感染者数だったアメリカがいち早く運航再開し、
そこそこ真面目に自粛してアメリカに比べれば感染者数も全然少ない日本がワクチンで乗り遅れて、いまだにクルーズ船が運航できない現状、
どうも納得できず、歯がゆい思いがあります。
その思いは、お客様もまったく同じ、当社のお客様はみなさん「船に乗りたい」のです。
お気に入りの船に乗って、美味しいものを食べて、素敵な場所へ行ってみたい、
人生を謳歌したいのです。

しかし、今度こそ、夜明けは近い、もうすぐだと実感しています。
当社のお客様も6月にワクチン接種する方がすごく増えています。
船会社も引き続き運航再開を日々模索しています。

日々、いろんな案件が飛び込んでくる中で、私自身「これに乗ってみたい!!」と注目しているクルーズがあります。
にっぽん丸、10月5日出発、屋久島・壱峻島・徳島クルーズです。
早速申し込みました。
お馴染みのお客様へは、すでにダイレクトメールでご案内させていただきました。

とっても面白い反響をいただいております。
今までは、外国船に乗る方と日本船に乗る方は、ほとんど交わることがりませんでした。
つまり外国船に乗る方はほとんど日本船に乗らない、逆もしかりだったのです。
しかし、この状況下、どの船が動くのか、がポイント。
そこで、いつもポナンなどに乗られる方がにっぽん丸に初めて乗ってみようか、という方も
出てきました。実は私はこの日本船と外国船の交わりは、とてもうれしく思っています。
それぞれの良さ、船上ライフの大きな違いを楽しむ、など、比較することで、
いろんな楽しみが生まれます。

10月5日出発、屋久島・壱峻島・徳島クルーズ、私は寄港地に惹かれました。
日本人のオイラだって、簡単にはゆけない屋久島や壱峻島、とても行ってみたい場所。
この渋い寄港地選定は、どこかポナンのようなスモール&エクスペディション船の雰囲気を
感じます。
屋久島は以前ポナンで訪れました。思い出は、いろんな花が美しく咲いている、
緑深い屋久杉、小さな町のスナックで朝食べたモーニングサービスとビール。
地元も学生さんが出港時に見送ってくれたこと、など。
屋久島だけ行こうとすると、離島なのでけっこう飛行機代も高い、
船で寄港してもらえるととても便利。
壱峻島は、まだ見ぬ地、島全体がパワースポットとして有名なようです。
島には150の神社があり、小島神社は、海に浮かぶ島に建立され干潮時には数時間だけ海に参道が出現、壱岐のモンサンミッシェルと呼ばれてるそうです。(ほんまかいな?)
それから海が超キレイ。海の幸が豊富。イタリアのアマルフィとかカプリ島みたいな感じ?と
勝手に想像しています。

船はやっぱりメシが美味い方が良い。
その点、にっぽん丸は申し分なし。
オイラの楽しみのゴディバのショコリキサーも1日1杯いただくことを楽しみにしています。


とにかく船好きとしてはもう限界、動いてる船にとにかく乗りたい。
10月なら大丈夫でしょう。
動いてくれ!! にっぽん丸!!

にっぽん丸 10月5日発 秋の絶景クルーズ情報
image5



壱岐観光ナビ

https://www.ikikankou.com/


横浜の新しい港(ハンマーヘッド)に停泊するにっぽん丸
IMG_4333



噂のゴディバのショコリキサー
(けっこう腹持ちがいいので、晩御飯前に飲むと晩御飯が食べれなくなる。)
ゴディバショコリキサー