まず、この写真をご覧ください。
DSCN7603


これがクイーンエリザベスのお尻です。
実にひどい形だと思いませんか?
8年前に北欧で始めてみました。
船は女性名詞、だからお尻も色気がないとダメです。


この時、私が乗っていた船の写真です。
丸いお尻、これがいい形のお尻なんです。
サガルビー、素敵な形をしています。
DSCN7610


さて、私のような船好きは一度はクイーンエリザベスを運航するキュナード社に憧れるものです。
私の時代は、クイーンエリザベス2(以後QE2)が一世を風靡しました。
素晴らしく美しい船でした。
DSCN1567


子供のころからあこがれたQE2、世界最大客船でした。66851トン。
2008年、突然引退が発表されました。まだ乗ったことがなかったので急いで申し込みました。
選んだのは最後の大西洋横断、イギリスのサウザンプトンからニューヨークへ向かう6泊7日。
最高速度は29ノット。大西洋横断は移動の手段、だから早く着いてほしい人も乗ってるのです。
ちんたら15ノット程度で走るチャラいクルーズ船とは違うんです。
素晴らしい走りでした。船内ライフは思いっきり英国スタイルでした。
私はこのQE2の引退を境に、キュナードを卒業しました。

ここまでは、古い船ファンのたわごとです。
無視していただいて結構です。

次のクイーンエリザベスが建造されると決まった時、クイーンエリザベス2の後継だからクイーンエリザベス3だと思ってたら、元に戻ってクイーンエリザベスと名づけられました。
私はクルーズの仕事をしています。先ほど、今のクイーンエリザベス(以後QE)はひどい形をしていると申しましたが、今の船はみんなマンションタイプ、外見の美しさにこだわってる船なんてほとんどありません。それに現代のクルーズを楽しむ方もおそらく外見の美しさなんて興味ないと思います。
それでも、世界にも日本にも、QEに憧れているファンがかなりいると知りました。
そこはやっぱり、世界で最も有名な客船ということなのでしょう。

そのクイーンエリザベス、来年乗船してみようと思ってます。
いろいろとビジネス上の絡みもあるのですが、15年ぶりにキュナードに乗ってみようと。
来年の横浜発着ですが、ご予約をいただいてるお客様は、15年前の私のように大きな憧れと夢を抱いておられます。それが素晴らしいことだと思うし、うらやましくも思うのです。
私は憧れというより、今のキュナードのサービスを見てみたいという興味です。
特にクルーズ船として唯一の階級制(お部屋のグレードによってレストランが異なる。)に興味があります。どの程度の差別化を図っているのか、そのあたりを気にしているお客様もとても多いので、そこを安心していただけるようにきちっと説明できるようになっておきたいのです。
ブリタニアレストラン(ノーマルクラス)の船客は、変なヒエラルキーを感じることなく、英国船を楽しめるのか?
Britannia 18

クイーンズグリル、プリンセスグリル(スイートクラス)の船客は、上手くくすぐってもらっていい優越感を得られるのか?
Queen_s Grill 11

ブランディングは、今のキュナードの方が昔よりはるかに上手いと思います。
赤と黒のイメージ、そしてオフィシャル画像や映像を見ると、40代ぐらいのモデルを起用しています。英国船=シニア世代だけではなく、次の若い世代も取り込みたいと考えているのでしょう。
Y46558 PP SHOT_11_498 vC_13_ISO

しかし若い世代はフォーマルなど好まないと言われています。クイーンエリザベスとなれば、やっぱりフォーマルナイトのディナーはタキシードが必要になるでしょう。女性はイブニングドレスかお着物など。そこはフォーマルというドレスコードを船旅特有の堅苦しい文化ととらえるか、船旅は非日常の時間だから、ドレスアップして楽しむと捉えるか、意見の分かれるところでしょう。

私が来年申し込んだ2022年4月13日横浜乗船、ご一緒させていただく皆さんにもクイーンエリザベスへの大きな夢と憧れを描いて乗船していただきたいと思ってます。
乗船の日をイメージしてみてください。
港は残念ながら大黒ふ頭です。QEはけっこう背が高い船なので大桟橋を通過することができません。
大黒ふ頭は建屋もないだだっ広い港、下から巨大なQEを見上げることでしょう。
そして黒塗りの威圧感ある船体、その船に乗船するわけです。
QEの内装、第1印象はかなり茶色っぽいです。すごく低レベルな表現ですがそう感じました。
つまりパブリックスペースも客室もウッドパネルを多用しているのです。
現代の船ながらクラシックな匂いがしますね。
QE Royal Arcade 05edit


立派なボールルームがあり、ダンス好きの方は存分に踊ってください。
素敵なアフタヌーンティーもあります。
Veranda 22

ロイヤルコートシアターという立派な劇場があります。両サイドにはおそらくグリルクラスのスイート客室の方のためであろうボックス席もあります。
Royal Court Theatre 18 edit

私は、いいバーがあるか、がいつも気になります。
QEには、ゴールデンライオンという英国パブがあります。これはいい!!
黒ビールとフィッシュアンドチップス、期待しています。
RF20124 - Queen Mary 2 Golden Lion Pub -- QM2 Bars

さて、寄港地でどう過ごそうか?
別府、釜山、長崎、鹿児島、高知。
私はゴルフバッグを担いで乗り、寄港地でゴルフに出かけてみようと思ってます。
船の中にもパッティングと打ちっぱなしがあるようです。
みなさんもご自身の趣味をクルーズ中とことん楽しむなど、自分独自のテーマ性を持ったクルーズにしても楽しいと思います。
カードがお好きな方、英国船には必ずブリッジの大会があります。英国発祥のコントラクトブリッジはちょっと知的なカードゲーム。最近やってなくてルールをほとんど忘れてしまいましたが、言葉が出来なくても外国人船客と楽しめて盛り上がって友達がたくさんできます。


船は個性がある方が楽しいです。
英国船は船内公用語が英語なので英語圏の船客が乗船します。
つまり、大方はイギリス人、オーストラリア人、アメリカ人。
特にイギリス人はとてもマナーが良く所作が素敵です。
例えばビュッフェでも自分が食べれる分だけをお皿にとって食べる。
残してはいけない、その価値観が日本人と合います。

さて、QEの横浜発着は日本人は何人ぐらい乗船しているのでしょうか?
自分も日本人なのですが、せっかく外国船に乗るのですから、外国人船客の中に交わる感じのいい雰囲気が出ていればいいなぁと期待しています。

最後に、QEのお部屋選び。
私は一人で乗船予定なのですが、QEにはありがたいことにシングル客室があります。
今ひとり旅のお客様がとても増えています。
QEは、お一人様大歓迎の船と言えます。
もし私がめっちゃ儲けている大会社の社長だったら、最上級クイーンズグリルのスイートに乗ってみたいです。もう成金と言われようが構わない!! 
みなさんに一番オススメは、ブリタニアクラスのバルコニーキャビンです。
10日間で約30万円。
現代のクルーズ船では標準的な部屋ですが、プライベートバルコニーもあって、シャワーもトイレもあって、10日間程度なら十分快適だと思います。それに安い。


クイーンエリザベスに乗る、それはちょっと特別な船に乗ることを意味しています。
世界で最も有名な船、言わばクルーズ船のトップスターです。
来年横浜発着に乗船されるみなさんが抱いてる憧れ、実際に乗ってみて極力そのイメージ通りであればいいなぁ、と願ってます。


コロナで失われた1年半、一度きりの人生、
いろんな船にチャレンジしてみてください。


2022年4月13日
クイーンエリザベス 春の四国・九州と韓国 10日間
https://www.mercury-travel.com/cunard/schedule.html
19775_QE_sunset