hr-ponnat

2022年は、いろんな意味でチャレンジの年にしようと考えています。
例えば、
南半球のクルーズ、オーストラリアクルーズにチャレンジ
時期は、12月。
そして、
従来型の寄港地についたら船会社のオプショナルツアー参加型ではなく、
美しい海や自然を満喫するトロピカルエクスペディションクルーズにチャレンジ。

2022年12月7日乗船
ケアンズからシドニーへ向かうクルーズ
base


美しいサンゴ礁に囲まれたエメラルドグリーンの海。
オーストラリアの東、クイーンズランド州は自然の宝庫。
いつか夢に描いた南太平洋のクルーズです。

寄港地についたら、船に搭載しているゾディアックボートに乗り上陸。
エクスペディション船(探検船)ですから、こんな感じで上陸します。
P1090280


時には、船尾のマリーナプラットフォームから自然のプールへ飛び込んだり、
P1090245


サファイアブルーの海で泳いだり
hr-ponnat2


愛嬌ある訪問者に出くわしたり
s5


旅の最終地は、美しいダーリングハーバーとオペラハウスが有名なシドニー。
s9



当社で最も人気のクルーズはやはり、春から夏の地中海やエーゲ海ですが、
時期も違う、場所も違う、すべてが新しいクルーズへのお誘いです。

この船が、これまた凄い!!
もう、当社のお客様は乗船された方もかなりいらっしゃいますが、
フランス船社ポナンが”発明”した”世界初”の水中ラウンジ「ブルーアイ」を搭載した
最新の船、ル・ラペルーズ。

香川県の獣医さんのお客様がおっしゃいました。
「これは、子供のころ、夢中で読んだ本に出てきたノーチラス号だ!!」
IMG_5561


ここでシャンペンをいただくとマリンブルーに染まります。
IMG_5644


私はこの船でエーゲ海に行きました。エーゲ海は海の中も素晴らしい青色、
窓の外をエーゲ海のさんまが泳いでゆきました。(イワシかな?)

船尾のプールが超カッコいい、巨大プライベートヨットによくあるインフィニティプール。
プールの中にスイッチがあり、それを押すと水流が出ていつまでも泳ぐことができます。
IMG_5264


フランス人が船を造ると、なんでこうもカッコよくなるのか?

そして、フランス船ですから、毎晩フレンチのフルコースとワインをご堪能ください。
この船は、オールインクルーシブです。
時々、オールインクルーシブの含まれる泡泡がシャンペンじゃなかったりしますが、
うるさいフランス人船客はそんなことは許しません。
ポナンの船上で注がれる泡泡は、すべてシャンペンです。
P1090226
P1090223
P1090437


フランス船ですから、バスアメニティはエルメスでございます。
IMG_4802


全室にエスプレッソとティーのセットがございます。
IMG_4803


そして、この船、パンがバカウマです。ほんと、パンとバターが美味い。
IMG_4972


フランス人船客が素敵です。ご一緒しているとセンスが磨かれます。(?)
P1020243


クルーズの詳細は、下記をご覧ください。
https://www.mercury-travel.com/ponant/schedule.html

世界のクルーズ会社、ほとんどがアメリカの船会社です。
ロイヤルカリビアンもホーランドもNCLも、みんなアメリカです。
アメリカ以外の船会社、
例えば、イタリアのMSC、英国のサガ、フランスのポナン、それぞれ
お国柄が色濃くサービスに表れています。
ポナンは、フランス人がこよなく愛するバカンスの文化をクルーズという形にした船会社です。
他方、フランス人は冒険心が昔からあります。その昔、南極をも目指しました。
今年も開催された、世界一周無寄港の過酷なヨットレース、ヴァンデグローブもフランスから出港、一路大西洋を南下して南極の上をぐるりと一周するのです。

冒険心としなやかさを備えたフランス人は、人生が一度きりであることを強く意識しています。
だから、その一度きりの人生を楽しまなければならないと、誰もが口にします。
当たり前ですが、フランス人も現役世代は働きますが、一言でいえばみなさん「遊ぶために、人生を楽しむために、仕方なく働いている。」という感じです。
フランス人は遊ぶこと・人生を楽しむことの達人、この人たちと一緒に船に乗るととてもハッピーな気分になります。

船長ももちろんフランス人です。
P1090182


ぜひ、一度、フランス船にご乗船ください。


■ポナン、ル・ラペルーズ トロピカルエクスペディションクルーズ
■2022/12/7 ケアンズ〜シドニー 9泊  ★4050ユーロから★
https://www.mercury-travel.com/ponant/schedule.html